冬こそ油断禁物!?乾燥がニキビを引き起こすメカニズムと対策

冬こそ油断禁物!?乾燥がニキビを引き起こすメカニズムと対策

汗や皮脂でベタつきやすい夏に比べて、冬はニキビができにくいと油断していませんか? 美容皮膚科シロノクリニック銀座院の徳永真理院長によると、むしろ空気が乾燥する冬の方がニキビができやすいこともあるのだとか! その理由と対策を教えてもらいました。

乾燥がニキビを引き起こすメカニズム

冬は乾燥で肌の角質層の水分量が少なくなり、肌本来の持つバリア機能が低下しやすくなります。すると角質は厚くなろうとするため皮脂が詰まりやすくなります。また、肌が乾燥するとうるおいを保つために皮脂が分泌されることから、肌表面の水分と油分のバランスが崩れることも原因のひとつになります。

ニキビとはオサラバ! 肌のバリア機能の低下を防ぐスキンケア

肌のバリア機能の低下でできる秋冬の「ニキビ」。まずは乾燥を防ぐことを意識してスキンケアを行いましょう。

洗顔はぬるま湯で

寒いとつい温度が高めのお湯で洗顔したくなりますが、あまり熱いお湯で顔を洗うと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌の乾燥を進める原因となってしまいます。30度以下のぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

基礎化粧は順番を意識する

化粧水や美容液で水分をたっぷりと補給した後は、乳液やクリームなどを肌表面に伸ばして、水分を肌の内側に閉じ込めるようにしましょう。基礎化粧品を塗る際は、浸透を高めるために「化粧水→乳液」のように分子量の小さいものから大きいものへ、つまり水分量が多くサラサラしたものからもっちりとしたものへ、と順番に塗ることが大切です。  

こすらない

普段の生活の中で、ニキビや肌荒れを気にして顔を触ってしまうのはNG。顔を洗ったり基礎化粧品や塗り薬を塗る以外は、顔には触らない方が良いでしょう。マッサージも肌に摩擦を起こしてしまうので、ニキビがある時は控えるのが無難です。

乾燥対策は身体の内外から!

ニキビを引き起こす乾燥は、日頃の食事や過ごし方からも対策していきましょう!

うるおい食材で内側からも保湿対策

栄養バランスの良い食事で、肌の状態を健康に保つことも大切です。乾燥対策として、皮脂の成分に近い「オレイン酸」や、細胞間脂質の主成分となる「セラミド」などを摂るのも良いでしょう。オレイン酸はオリーブオイルやアボカド、セラミドはこんにゃくやほうれん草などに含まれています。

室内の加湿対策もしっかりと

外気の乾燥は避けられないので、せめて室内の湿度は低くなりすぎないよう加湿対策を心がけて。加湿器を使用したり、観葉植物を置いたり、洗濯物を部屋干ししたりするのが有効です。

ほかにも、ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れもニキビにつながります。美肌には規則正しい生活が基本です。

乾燥する季節にできるニキビは、肌のバリア機能低下が引き金に。スキンケアや生活習慣を見直して、美肌を保つバリア機能を正常化させて乾燥の季節に備えましょう!

お話を伺ったのは...
シロノクリニック
最先端・最高峰・最善最適のレーザー治療・アンチエイジング専門のクリニック。内科・外科・麻酔科など、さまざまなバックブランドを持つ医師たちが、健康的に若さを維持していきたい、美しく年を重ねていきたい患者さまをサポートします。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事