脳をリフレッシュ!ストレス解消に「塗り絵」がぴったりな理由

脳をリフレッシュ!ストレス解消に「塗り絵」がぴったりな理由

脳を活性化し、ストレスを解消するという研究結果が出ている「塗り絵」。アートセラピーとして世界中で注目されています。そこで今回は、塗り絵がもたらす効果を、精神生理学的研究の先駆者でもある古賀良彦先生著書の『脳をリフレッシュする大人のぬりえ』よりご紹介します♪

ストレスを感じると脳の働きが弱くなる

ストレスがかかりすぎてしまうと、イライラや不眠につながるだけでなく、脳の働きが弱くなるので、日常のパフォーマンスが著しく低下します。そこで思わぬ効果を発揮してくれるのが、塗り絵。一見単純な作業に見えますが、実は、脳全体をまんべんなく動かしてくれるので、脳のトレーニングとして注目されているんです。さらに塗り終わった後の達成感などから、気持ちをリフレッシュしてくれる効果もあるので、ストレス解消にぴったりなんです! 

どうして塗り絵が脳を活性化するの?

たとえば、どのような順番で色を塗るかのプランを立てる時には、前頭連合野が、下絵に色を塗っていく行為では、後頭葉が働きます。過去に見た絵画など、経験を思い起こしたり、記憶を辿るために、側頭葉も動くので、知らず知らずのうちに全ての脳が動いているのです。
また、意識を集中させて、日頃の心配事や不安から解き放たれて熱中することは、脳のアンチエイジングにもつながるそうですよ!

塗り絵を楽しみながら続けるコツ

脳全体を動かすレクリエーションは、スポーツや楽器演奏なども有効ですが、塗り絵は、時間さえあれば、いつでもどこでもできることが最大のメリット。できれば1日1回のペースで挑戦してみましょう。その際は、上手に仕上げようと神経質にならないことが大切! スタートする前に絵画を鑑賞し完成をイメージすることや、好きな音楽を聴きながら塗ることなどが、リラクゼーション効果を高めることにつながります。
さっそくトライしてみて!

参考文献:古賀 良彦著『脳をリフレッシュする大人のぬりえ』(きこ書房)

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事