なかなか治らない虫刺され跡を改善して、自信のある美脚に!

なかなか治らない虫刺され跡を改善して、自信のある美脚に!

夏に蚊に刺されてから跡がなかなか治らない…と悩んでいる方も多いはず。足を出す機会が多い女性にとって、虫刺され跡はとても厄介ですよね。そこで効果的に虫刺され跡を治して美肌に近づける方法をご紹介していきます。

虫刺され跡を綺麗に治したい…

かゆみや赤みを伴う虫刺されがやっと落ち着いた、と思いきや今度は虫刺され跡が治らない!と焦ったことはありませんか?足に虫刺され跡があるだけで、素足に自信が持てなかったり、肌色のタイツでも虫刺され跡が透けて見えてしまったり…と悩みがつきもの。ですが、あるケアを根気強く続けることで虫刺され跡を綺麗に治すことができますよ。

虫刺され跡には保湿・スクラブ・インナーケアでアプローチ

かゆみや赤み、炎症が和らいだ虫刺され跡には保湿ケアが欠かせません。保湿をせずに放置しているとターンオーバーがうまく行われなくなり、虫刺され跡が残ったままになってしまいます。足をマッサージするついでに保湿ケアに取り掛かると毎日忘れずに済みますよ。サラッとしたボディローションよりも、保湿効果の高いボディクリームやボディオイルを使って、お風呂上がりにすぐ塗り込みましょう。

また、虫刺され跡が色素沈着していてなんだか黒ずんでいるという場合は、週に1回程度のスクラブケアが効果的です。お風呂で角質層を柔らかくしたあと、スクラブで優しくマッサージをしながら古くなった角質を取り除きます。スクラブでケアをしたあとの肌はとてもデリケートなので、すぐに保湿をしてあげてくださいね。

また、肌の外からだけでなく身体の中からのケアも大切です。特におすすめなのが、ビタミンが豊富な野菜や果物、肌の再生に欠かせないたんぱく質など。魚類、肉類、大豆製品を毎食ごとに取り入れて、インナーケアでも美肌づくりを。野菜は蒸したり、肉は茹でたりして、なるべく油を控えた調理法をすることをおすすめします。あとはたっぷりの睡眠時間を確保して、質の良い睡眠を取りましょう。

虫刺され跡は毎日根気強くケアすることが大切

虫刺され跡はそのまま放置するのではなく、念入りな保湿ケアやピーリングケアで外側からのケアをしたり、栄養バランスが整った食事を摂ってインナーケアに力を入れることがポイントです。また、常温のミネラルウォーターをたくさん飲むのも効果的だと言われています。虫刺され跡に悩んでいる方の参考になりますように。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事