冬の口臭はキツくなるって知ってた?強烈な口の臭いは乾燥が原因!

冬の口臭はキツくなるって知ってた?強烈な口の臭いは乾燥が原因!

冬は口臭がキツくなる季節と言われています。原因はいくつも考えられますが、なかでも乾燥が招く口臭は唾液の量も減少してしまうため、臭いもキツい傾向にあります。冬の口臭を防ぐには、どのような対策が必要なのでしょうか。

冬の口臭の主な原因は乾燥!

冬の口臭の原因の大半は、乾燥による唾液の分泌量の減少がほとんどと言われています。口の中が乾燥すると、口の中の細菌が繁殖して臭いが発生します。

生理中はホルモンバランスの変化もあって、口臭がキツくなる場合があります。特に不規則な生活をしている人はホルモンへの影響も変わってくるため注意が必要です。

また胃の不調も口臭につながりますので、12月の忘年会などでの過食には十分気をつけたいところです。

冬の口臭予防に効果的な対策法

特におすすめなのが「マスク」を着用することです。冬の時期は風邪やインフルエンザの予防としても有効ですが、口の中の乾燥を防げるため口臭予防にも適しています。

さらに就寝時のマスクも効果的です。寝苦しいのでは?という印象もあるかもしれませんが、乾燥防止に加え、マスクを着用することで体に送り込まれる空気が温かくなり、睡眠の質も向上すると言われています。口周りの乾燥も防げるので、美容的にもおすすめの対策です。

また、就寝時の部屋の湿度も重要です。部屋が乾燥してしまわないように洗濯物を室内に干したり、加湿器を使ったり、工夫すると良いでしょう。

そして、やはりこまめな水分補給は欠かせません。口臭という観点からジュースやコーヒーはかえって口臭がキツくなりますので、水がおすすめです。お茶には口臭を防ぐ効果がありますが、利尿作用があるため、体内の水分が減少してしまうので、結果唾液の分泌にも影響します。

冬にありがちですが、朝食を抜くのも口臭につながります。朝、食事をとることで唾液の分泌が促されて口の中が殺菌されます。寒い朝に少しでも布団に入っていたいですが、朝から清潔な口を保つためにも朝食はとりましょう。

冬の口臭は歯磨きだけでは完全にケアするのは難しいです。乾燥をしっかり防いで口臭予防を心がけたいですね。

関連記事