若返りからダイエットまでいいことづくめ!?「腹巻き美容術」とは?

若返りからダイエットまでいいことづくめ!?「腹巻き美容術」とは?

冬が近くなると下着売り場や雑貨屋さんでもよく見かける腹巻き。「なんとなくおばさんくさいから…!」と使用するのを避けてはいませんか?実は腹巻きを有効活用することでダイエットやアンチエイジングなど様々な美容効果に期待できるんです!

【腹巻き美容術】腹巻きに期待できる効果とは?

身体の冷えを予防・解消することで有名な腹巻きですが、それ以外には一体どのような効果に期待できるのでしょうか?一つずつチェックしていきたいと思います。

1.【アンチエイジング】腹巻きでお腹を温めることで胃腸や肝臓、膵臓、腎臓など代謝にかかわる大切な臓器の働きを促し、デトックスがスムーズに行われることから若々しい肌・身体を維持しやすくなります。

2.【ダイエット】腹巻きをすることで腎臓が温まり排尿が促されるとむくみ解消に繋がるほか、脂肪がつきにくい体質へと改善されるそうです。

3.【姿勢を矯正】腹巻きを着用するとお腹と背中がサポートされ、自然に美しい姿勢へ近づくことができるそうです。

<POINT>
腹巻きを付ける際は、背中の(腰の少し上)腎臓の部分にカイロを貼ってあげるとさらに高い美容・健康効果に期待できます。ただし、低温やけどを引き起こす可能性がありますので就寝時の使用は控えるようにしましょう。

【腹巻き美容術】腹巻きの正しい選び方について

最近では若い女性向けにリボンや猫柄など可愛らしいデザインの腹巻きも増えてきているようですが、美容のためには素材を重視してあげることが大切なポイントです。

1.【シルク素材の場合】アレルギー体質や敏感肌の方の場合、肌への負担が少ない天然素材のシルクを使った腹巻きがおすすめです。フィット感はやや劣りますが、その分静電気が起きにくい・吸湿性に優れているなどのメリットがあるそうです。

2.【ウール素材の場合】空気を包む性質があるウールは保温性が高い一方で、汗をかいた際の速乾性には劣る面があると言われています。かぶれを防ぐためにも出来れば肌着の上から着けるようにしましょう。

3.【化学繊維の場合】化学繊維を使った腹巻きは伸縮性や吸湿速乾性に優れた商品が多く、日中着用したい方におすすめです。ただ、敏感肌の方の場合は肌荒れを引き起こす可能性がありますので肌着の上から着けることをおすすめします。

若々しい美肌からスリムBODYまで一度に手に入りやすくなる腹巻き美容術!美活の一環として参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事