乾燥だけじゃない!唇が荒れる原因と荒れを悪化させるNG習慣

乾燥だけじゃない!唇が荒れる原因と荒れを悪化させるNG習慣

冬の乾燥しやすい時期、「唇の荒れ」に悩む人も少なくないのではないでしょうか。唇は人の目に入りやすいパーツですし、唇が荒れていてはリップメイクも台無しです!唇が荒れやすい理由と、唇の荒れを悪化させてしまうNG習慣をチェックしましょう。

季節を問わず荒れやすい!唇が荒れやすい理由とは?

乾燥しやすい季節になると、気になるのが「唇の荒れ」。でも実は、季節を問わず一年を通して荒れやすいパーツでもあります。ガサガサ唇はメイクでは隠せないので、荒れる前に予防してあげることが重要です!

唇は、肌のように厚い皮膚で守られているわけではないので、刺激に弱く、とてもデリケートな部分です。また、唇には汗腺や皮脂腺がない為、水分が蒸発しやすく潤いを保つのが難しく、乾燥しやすい状態と言えます。

その為、唇が荒れる一番の原因は、「乾燥」とされています。しかし、乾燥以外にも唇の荒れの原因には色々あるのです!

無意識にやっていない?「唇の荒れ」を引き起こすNG習慣

■「唇を舐める」クセ
唇を舐めると、唇についた唾液が蒸発する際に、唇の水分を奪ってしまい、乾燥の原因にも。クセがある方は、気を付けましょう。

■口呼吸
口呼吸は、呼吸の度に唇が空気が触れる状態なので、唇が乾燥しやすくなります。自分の息で唇を乾燥させているようなものなので、鼻呼吸をするよう意識しましょう。

■リップクリームや口紅が合っていない
入っている成分が合っていないと、唇は荒れてしまいます。なかなか気付きにくいかもしれませんが、少しずつダメージが蓄積されていることもあるので、合わないと感じた場合は、一度使用を中止して様子を見てみましょう。

■水分不足
体内の水分が不足すると、口内の粘膜と続いている唇は、真っ先に乾くと言われています。唇は、体内の水分不足を教えてくれるバロメーターにもなりますので、唇が乾く前に水分補給をするよう心掛けてください。

■唇についた汚れ
唇についた汚れは、時間と共に刺激になり、唇が荒れる原因にも。食後は唇の汚れを優しく落としてあげるようにしましょう。特に、酸っぱいものや辛いものは要注意です!また、口紅やグロスも汚れと同じなので、落とし忘れのないように気を付けてくださいね。

■ビタミン不足
ビタミンB群やビタミンCが不足すると、肌よりも表皮の薄い唇は、すぐにその影響を受けてしまうと言われています。バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

ついついやってしまっているNG習慣はありませんでしたか?
唇は、とてもデリケートな部分です。面積も小さく、ケアを怠りがちですが、乾燥した季節でも潤いのある唇を目指しましょう!

関連記事