【奥二重】はマット×キワの目元限定コントゥアでスッキリまぶたに

【奥二重】はマット×キワの目元限定コントゥアでスッキリまぶたに

顔型やパーツのお悩みも、質感を操ることでカバーが可能! お悩みに合わせて基本プロセスをアレンジするバレないコントゥアテクで、誰でも立体小顔が実現。美人度もアップ♪

【お悩み】奥二重でまぶたが重いんです……。

【奥二重さんはこれで解決!】まぶた中央のツヤ×マットなキワ、で目元限定の質感コントゥアを!

1.まぶたの中央部にツヤをプラスする
奥二重の人はノーズシャドウを入れておいて。左上をまぶた全体、右上をアイホールに。

2.目尻から影を入れて曲線を偽装する
左下を二重幅より広めにのせる。目尻からのせて、目尻側が濃くなるようにすると◎

3.マットな締め色をキワからぼかす
右下を目のキワにそってのせたら二重幅の半分ほどまでグラデに。マット感を意識して。

色の濃淡で目元を締めるのに加え、ツヤとマットのバランスによるコントゥアもプラスして。

【関連】【メイク好きVOCE OL委員会】私たちのオフィスメイクのマナー

完成♥

ツヤ感とマット感のコントラストと、目尻側の影、2つの効果でまぶたがスッキリと変化した。

目元の立体感がプラスされたことで、より大人っぽく。色っぽいまなざしまで手に入った!

使ったのはコレ!

肌になじむベージュ系パレット。つややかなパール感で大人の目元をつくる。
ルナソル シャインフォール アイズ 01 ¥5000/カネボウ化粧品

撮影/向山裕信(vale./人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/KUBOKI(Three PEACE) スタイリング/川﨑加織 取材・文/丸岡彩子 構成/河津美咲

こちらもチェック!質感コントゥアリングメイクを覚えよう♥

【動画あり】小顔と立体感を叶える質感コントゥアリングのプロセス徹底解説!

関連キーワード

関連記事