顎のざらつきをツルツルに改善するには、あるケアがポイント!

顎のざらつきをツルツルに改善するには、あるケアがポイント!

毎日しっかり洗顔をしているはずなのに顎がザラザラしていてファンデーションが崩れやすくなってしまう方も少なくないはず。顎のざらつきは古い角質が蓄積されたり、毛穴の詰まりが原因なので正しいケアで改善していきましょう。

顎に手を触れた途端、ざらつきが気になった…その理由は?

何気なく顎に触れてみたらざらついていて肌触りが悪いという経験はありませんか?顎のざらつきの原因は、毛穴の汚れや毛穴詰まり、古い角質が蓄積されたことによるものが多いと言われています。しっかり洗顔をしているつもりでも、ファンデーションなどが毛穴に入り込み、汚れが詰まって角栓ができることでざらつきを引き起こすため、毎日のお手入れが大切です。

顎のざらつきをツルツルにするスキンケア

顎がザラザラしていると、スクラブでゴシゴシ擦って手早くざらつきを解消したくなりますが、肌を傷めて乾燥を引き起こし、角質が硬くなってしまう可能性があるので要注意。水分補給を重視した優しいケアを心がけていきましょう。

まず、クレンジングは洗浄力がマイルドな肌に優しいものを使うことをおすすめします。もししっかりベースメイクが落ちていないなら、仕上げに拭き取りクレンジングで優しく汚れをオフするとメイク汚れを肌に残さずに済みますよ。力を入れずにくるくる円を描くようにメイクを浮かせて、ぬるま湯できちんと洗い流しましょう。特に顎は洗顔やクレンジングを落としきれていない場合が多いので、いつもより念入りに洗ってくださいね。

クレンジング後や洗顔後に蒸しタオルやスチーマーを顎に当てて毛穴を開かせてから保湿ケアに取り掛かるのも効果的です。いきなり化粧水を塗るのではなく、肌を弱酸性の状態に導いてくれるホホバオイルを1滴肌に伸ばし、ブースター代わりにするとごわついた肌が柔らかくなってくるはずですよ。あとは化粧水をコットンにひたひたに染み込ませたコットンパックをして、美容液を塗り、仕上げに乳液やクリームを薄く伸ばしたら完了です。

それでもざらつきがなかなか改善されない場合には、肌に優しい成分でつくられたピーリングを使ったケアを週に1度行いましょう。ピーリング後の肌はとてもデリケートなので、すぐに保湿ケアに取り掛かってくださいね。

ツルツルの顎を手に入れてざらつき知らずの肌へ!

顎のざらつきはお金をかけずに毎日のケア次第で改善することが可能です。肌に負担をかけないスキンケアと水分補給を重視した保湿ケアなどをコツコツ続けてつるつるの肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事