せっかく綺麗にセットしたのにアホ毛が立ってる!アホ毛の種類と対策

せっかく綺麗にセットしたのにアホ毛が立ってる!アホ毛の種類と対策

せっかく綺麗にメイクもヘアセットも仕上げたのに気づくとぴょこんと立っている憎らしい「アホ毛」。「アホ毛」には種類があることをご存知ですか?原因を知ってしっかりケアを行い「アホ毛」を減らしていきましょう。

「アホ毛」って何種類あるの?

「アホ毛」は、3種類あるんだとか。
1.切れ毛
髪を乾かさないで寝たり、摩擦によるものやカラーリング、パーマ、ヘアアイロンなどのダメージによって切れた毛が立ったりしているパターン。毛先が尖っていなくプツンと切れたような「アホ毛」は切れ毛が原因です。

2.生え始めの毛
髪の毛は一日100本近く抜け、その分生えてきます。
生え始めは短い髪なので、馴染みにくくどうしても立ってしまいます。毛先が尖っている場合は生え始めの毛です。

3.チリチリの毛
毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態で伸び切れなかった毛です。チリチリと波打った短い毛の場合は髪の洗い方に原因があるかも。

「アホ毛」撃退の対策方法とは?

皮脂や汚れをしっかり落とし、乾かして寝れば「切れ毛」と「チリチリ毛」は改善するでしょう。「生え始めの毛」は伸びて馴染むのを待つしかないので、伸びるまではヘアコームにハードタイプのスプレーを吹きかけたものでとかして落ち着かせましょう。それでも立ってくる「アホ毛」にはスティックタイプの整髪料を塗って、上から長い髪を被せ隠しましょう。

【基本的な髪の毛ケア】
1.シャンプー前に毛先の絡まりをブラッシングしてから根元からクシを通す
2.シャンプー前にぬるま湯(38℃くらい)でしっかり地肌を洗う
3.シャンプーを手のひらで泡だててから指の腹を使って生え際から頭頂部に向けて洗う
4.しっかり洗い流す
5.軽くタオルドライ
6.リンス(コンディショナー)は毛根をさけてつけ、塗り終わったらすぐに洗い流す
7.タオルドライ後、ブラッシングをしながらドライヤーを20cm離し、根元から毛先に向かいドライヤーをあてて乾かす

冬は乾燥により静電気が起こりやすく「アホ毛」も立ちやすいので、「アホ毛」を撃退してヘアスタイルをばっちりキープしてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事