太りがちな冬のお酒の席、「太りにくく美容に役立つお酒」を選ぼう!

太りがちな冬のお酒の席、「太りにくく美容に役立つお酒」を選ぼう!

クリスマス会、忘年会、新年会とイベントが重なる冬、どうしてもお酒の量が増える季節ですね。お酒を飲むとお酒自体の糖分とお酒による食欲増進で食べ過ぎてしまいやすいので、太りにくいお酒や美容に役立つお酒を選んで冬のイベントも切り抜けましょう。

太りにくいお酒とは?

お酒には蒸留酒と醸造酒がありますが、蒸留酒は糖質を含まないお酒、醸造酒は糖質を含むお酒なので冬の太りやすい飲み会の席では蒸留酒を選ぶと良いでしょう。

◎蒸留酒
ブランデー、ウイスキー、焼酎、泡盛など

糖質や脂質を含まない代わりにアルコール度数が高いので、今まで甘いカクテルを頼んでいた方は飲みにくいと思います。甘いカクテルやワイン、ビールなどは糖質が含まれる醸造酒なのでダイエット中の方にはオススメしません。ウーロン茶や緑茶などを多めにしてもらってウーロンハイや緑茶ハイなどで飲むと良いかもしれませんね。レモン、グレープフルーツ、ライムサワーなどにするのも良いですよ。

美容に役立つお酒とは?

◎日本酒
糖質が含まれるためダイエットには不向きですが、日本酒には「麹酸」と言われるメラニンの生成を抑制する働きがある成分が含まれています。メラニンの生成を抑えることで、シミやくすみをできにくくし、米麹には保湿や美白などの効果も期待できます。美肌に作りには嬉しい成分ですね。

◎赤ワイン
こちらもダイエットには不向きですが、アンチエイジングの効果をもつ抗酸化作用の「ポリフェノール」を多く含んでいます。またサングリアなどフルーツがつけてあるものだとビタミンも摂れ、見た目も美しいのが嬉しいですね。寒い時期はホットワインなどスパイスが入ったワインで温まるのもオススメです。

◎白ワイン
カリウムによる食中に摂った余分な塩分を排出する働きがあります。また「有機酸」という腸内のバランスを整えてくれるので美肌作りに役立つことも。

◎マッコリ
乳酸菌、食物繊維、ビタミンC、クエン酸、アミノ酸、ダイエットに必要なタンパク質、糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB群などが含まれています。また日本酒よりもアルコール度数が低く、まろやかなので飲みやすいのも嬉しいですね。

◎泡盛
泡盛は糖質を含まない蒸留酒であり、血液をサラサラにしてくれる「ウロキナーゼ」を含みます。低カロリーで血糖値の上昇もゆるやかなので糖質制限中の人にもオススメです。ポリフェノールのアンチエイジング効果が期待できます。

◎ビール
ビールの「ホップ」「麦芽」「ビール酵母」にはたくさんのビタミンやアンチエイジングの「ポリフェノール」、女性ホルモンのような働きをする「フィストロゲン」、シミそばかすの生成を抑えるアミノ酸などが含まれています。

糖質を含まず、美容効果があるのは「泡盛」ですね。飲みにくそうなイメージですが、この機会に挑戦してみるのも良いかもしれません。

関連記事