爪の切り方次第で健康トラブルを引き起こす原因に?正しいネイルケア

爪の切り方次第で健康トラブルを引き起こす原因に?正しいネイルケア

爪が伸びた際、爪切りを使ってカットする方がほとんどかと思いますが、実はその切り方…思わぬ健康トラブルを引き起こす可能性があるということをご存知でしょうか?正しいネイルケア方法についてチェックしていきましょう。

爪は切り方次第で健康トラブルを引き起こす原因になるって本当?

どこの家庭にも必ずといっていいほど常備してあるネイルケアアイテム、爪切り。なぜ爪切りを使用することで体に悪い影響を及ぼすと言われているのでしょうか?具体的な理由について見ていきたいと思います。

日本人の爪は丈夫な爪と言われてきましたが近年、食の欧米化によりインスタント食品やファストフードを食べる機会が増えてきたことから、ビタミン・ミネラル・タンパク質不足を起こし、昔に比べると爪の質が非常に柔らかくなっているそうです。栄養不足状態の柔らかい爪に爪切りなどの金属製の刃を入れてしまうと二枚爪になる可能性が高まると言われています。また、硬い爪の場合にも爪を切る際に加わる圧力により足の筋肉が硬直したりと、爪だけでなく足全体に大きな負担をかけてしまう場合も!負担をかけずに爪を綺麗に整えるには爪切りを手放し「ヤスリ」を使ってケアを行うことをおすすめします。

【POINT】
爪切りは家族間で共有している方が多いと思いますが、家族といえど爪を通して水虫が移りやすくなります。爪水虫になってしまうとキュートなネイルも楽しめなくなりますので、そういった意味でも爪ヤスリでのケアが最も望ましいです。もし、どうしても爪切りが良いという場合は自分専用のものを購入するなどしましょう。

足の爪の正しいケア方法とは?

爪ヤスリを使った正しい足爪のケア方法についてご紹介します。

<足の爪の正しいケア方法>
1.お風呂上がりに足全体を軽くマッサージしましょう。
2.爪ヤスリを爪にあて、横から見たときに45度になるよう先端部分から削っていきます。イエローライン(※爪と指先の境界線のこと)から2mmを目安に削りましょう。
3.爪の両側面も2と同様に横から見た際45度になるように持ち、イエローラインから1mm程度残して形を整えていきます。

【POINT】
ヤスリは往復させず、一定方向に動かすようにしましょう。一気に削ろうとすると爪に負担をかけてしまう可能性がありますので、軽くあてるような感覚にて少しずつ削るようにしてください。

いかがでしたか?マニキュアや付け爪といったおしゃれをより楽しむためにも爪の正しいメンテナンス法を身につけておきましょう!

関連記事