瞑想で肌荒れ知らずの最強マインドを手に入れよう!基本的なやり方

瞑想で肌荒れ知らずの最強マインドを手に入れよう!基本的なやり方

心配ごとやイライラ、仕事のアイデアなど楽しくも忙しい毎日だからこそ頭の中がいっぱいになってしまうものですよね。そんな時は瞑想に挑戦してみてはいかがでしょうか?一度空っぽにしてあげることで心だけでなく、体〜肌にも嬉しい効果に期待できますよ!

瞑想は肌荒れ改善にも良いって本当?期待できる効果について

瞑想をすることで一体どのような美容・健康効果に期待できるのでしょうか?一つずつチェックしてみましょう!

1.【美肌効果】瞑想をし、不安や緊張が減ってくると内臓の緊張が緩み、内臓が本来持つ機能を自然に発揮しやすくなるそう。内臓機能がUPすると、老廃物の排出もスムーズになるので肌荒れも改善されると言われています。

2.【免疫力UP】瞑想は私たちが本来もつ自然の治癒力を目覚めさせてくれることから、毎日続ける毎に免疫力を高め風邪予防・肌荒れ改善にも繋がるそうです。

3.【睡眠の質を高める】起床後、しっかり寝たつもりなのになんだか眠い…と感じてしまう場合、頭の中の情報が綺麗に整理整頓できていないケースがほとんどであると言われています。瞑想には思考の整理を行う役割があるため、頭の中がすっきりし、しっかり熟睡できるようになるそうです。

【POINT】
瞑想は特別な道具や場所も必要ありませんが、出来るだけ締め付けのないリラックス出来る服装で行うことをおすすめします。また、座りやすいよう座布団を用意してほんのり薄暗い部屋で行うと尚良いそうです。

瞑想の基本的なやり方について

瞑想の基本の流れについて見ていきましょう。よりスムーズに瞑想に入るためには姿勢・呼吸を整えることも重要なポイントです。

1.【座り方】基本のスタイルはあぐらでOKです!姿勢は顎を軽くひき、背筋をまっすぐ伸ばしましょう。
2.【開始前屈】手のひらを床につけ、お辞儀をするように上体を前に(※額が床につくくらい)倒しましょう。
3.【結印】しっかり前屈したら目を閉じながらゆっくりと起き上がります。両手の平を膝の上に起き、円を作るように親指・人差し指の先を軽く合わせましょう。
4.【呼吸】胸式呼吸→腹式呼吸の順番にゆっくりと深呼吸を行います。
5.【瞑想本番】心の中で「オーン、ナーム、スバーハー」とマントラ(※意味を持たない音の連なりのこと)を唱えながら瞑想をスタートさせましょう。息を吸う時に「オーン、ナーム」吐く時に「スバーハー」と呼吸に合わせて唱えると良いそうです。最初は「気づき(※例えば「今夜何食べよう?」など日常的な雑念・考え)」など出てくると思いますが、その案件を追いかけたり膨らませないようにしていくと頭の中が次第に空っぽになると言われています。
6.【瞑想を解く】マントラを唱え始めて15分以内を目安に瞑想を解いてください。手の平に床をつけ、お辞儀をするように前屈します。瞑想が解けるまで余韻を楽しみながらその状態でリラックスしましょう。

瞑想により頭の中が綺麗に片付いてくると見慣れた光景、聞き慣れた音もキラキラと輝きが増してくると言われています。日々のライフスタイルに新鮮さをプラスするためにもこの機会に瞑想にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事