1回たった5秒!立ったままできる超お手軽腹筋で下腹ぽっこりを解消♪

1回たった5秒!立ったままできる超お手軽腹筋で下腹ぽっこりを解消♪

お腹ぽっこりが気になるから腹筋しなければ...! とは思いつつも、いつも三日坊主になってしまう人におすすめしたい、超簡単なエクササイズがあります。隙間時間に1回たった5秒、身体を動かさずにぽっこりお腹を解消できる魔法のような方法なんです♪

脂肪の消費には筋トレが大切

なぜ年齢とともに太ってしまうの?

年齢とともに太りやすくなる一番の原因は、基礎代謝の低下。加齢に伴い筋肉量が減少するため、基礎代謝、すなわちエネルギーを消費する量も低下していくのだそう。消費しきれずに残ったエネルギーが、脂肪となって蓄積され、太ってしまうのです。そこで大切なのが、筋肉量を増やして基礎代謝量を上げること。それがぽっこりお腹の解消につながるのだとか!

筋トレは辛くない!

ひとくくりに「筋トレは辛い」と思われがちですが、実は筋トレには大きく分けて2種類あるんです。ダンベル運動など関節を動かしながら筋線維を収縮させる「アイソトニック運動」と、止まったままの状態で筋肉そのものを収縮させる「アイソメトリック運動」。後者の、動かずにできる「アイソメトリック運動」は、筋トレに慣れていない人や、激しい運動が苦手な人におすすめのトレーニング法。いつでもどこでも短時間で行えて、気になる部位を集中的に鍛えることができるのです。

1回たった5秒、腹筋をつぶすだけ!

筋肉は、完全収縮させた時に鍛える効果が最大になり、エネルギーを消費する力も高まるそう。狙った部位にピンポイントで刺激を与えて、筋肉をつぶすことがコツ。ここでは、腹直筋(お腹の前面に位置した縦長の筋肉)を縮めて、お腹を凹ませる「5秒腹筋」の方法をご紹介します!

腹直筋を鍛える「5秒腹筋」のやり方

①基本姿勢
まずは立った状態で、お腹周りの筋肉をできるだけ伸ばします。両手で軽く握りこぶしを作り、左右の手のこぶしを合わせるようにして首の後ろに添えて首と後頭部を固定。この時、両ひじの位置は耳より高くします。背筋を伸ばして、どちらかの足を一歩前にしてまっすぐ立ちましょう。これが基本姿勢です。

②息を吸う
基本姿勢のまま、鼻から深く息を吸い込んでお腹をゆっくり凹ませます。あごを少し引いて目線は前に。身体の中心軸がまっすぐになるよう意識しましょう。

③息を吐く
口から息を吐きながら、腹直筋に力を入れて5秒かけてお腹を縮めていきます。その状態で5秒間静止し、息を吸いながら基本姿勢に戻ります。①~③の動きを10回、3セット行うのが目安です。

腹直筋を使って空き缶をつぶすイメージで! 

ここで紹介した腹直筋のトレーニングは、下腹や二段腹に効きます。「5秒腹筋」は、いつでもどこでもできるので、職場や自宅の隙間時間に取り入れられますね。やった回数だけ効果が出るとは限らず、1回を集中してコツコツ行うことが重要だそうです。長く続けるためにも、無理はせず自分のペースで取り組んでみましょう!

参考文献:松井薫著『体を動かさずにお腹が凹む!立ったままで「5秒腹筋」』(永岡書店)

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事