【ハンド美人のすすめ!】ささくれの原因は何?おすすめの予防方法!

【ハンド美人のすすめ!】ささくれの原因は何?おすすめの予防方法!

手がカサカサになりやすい冬の季節…。手の甲のケアは入念に行っていたとしても、指先に出来た「ささくれ」くらい大丈夫!と放置していませんか?実はささくれは、あなたのお肌や体の健康状態が低下しているサインと言われているんです!

ささくれの原因は何?

靴下やストッキングを履くときに引っかかるなど非常に厄介な存在である「ささくれ」。ささくれは一体なぜ出来てしまうのでしょうか?具体的な原因についてチェックしていきましょう。

ささくれは、爪側面の角層の水分と脂肪の減少によって起こる皮膚トラブルの一つと言われています。原因としては指先の乾燥をはじめ、血行不良や体調不良、ネイルケアの一環として甘皮を切除することで出来やすくなります。また、手指があまりガサガサしていないにもかかわらず出来た場合は、ビタミンが不足している可能性が高いと言われています。心当たりがある方はこの機会に食生活を見直していきましょう!

【POINT】
ささくれは放置したり、爪で剥がしたりすると細菌が入り、赤く化膿してしまう場合があります。なかなか治らない時は、無理をせず専門の医療機関で診てもらうことをおすすめします。

【ささくれ】おすすめの予防方法について

ささくれの予防法について3点ご紹介します。

1.【手袋を有効活用】ささくれの原因の一つである乾燥。空気による乾燥と合わせて皿洗いや風呂掃除で使用する洗剤により手指に必要な油分が流れてしまう場合も…!家事をする時は普段からゴム手袋を活用することをおすすめします。

2.【ハンドパック】冬場にハンドクリームを塗っている方が多いと思いますが、より保湿効果を高めるならばハンドパックはいかがでしょうか?指先にハンドクリームを塗ったらそのままラップを巻き15分ほど放置しましょう。

3.【おすすめの食事内容】ささくれ予防のためにはコラーゲンの材料となるタンパク質のほか、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンB2を積極的に摂るよう心がけましょう。

【POINT】
「ハンドクリームが手元に無い…」という場合は、自宅にある自然素材でも簡単にハンドケアアイテムを作れますよ。作り方は、オリーブオイルと蜂蜜を1:1で混ぜ合わせるだけ!オリーブオイルに含まれるオレイン酸は肌荒れ・乾燥予防に役立つほか、はちみつには殺菌効果が高いのでささくれによる化膿・炎症を防ぐ効果に期待できます。

いかがでしたか?普段からささくれが出来やすいという女性は是非参考にしてみてくださいね。

関連記事