お酒がシワの原因に?アルコールが引き起こす肌トラブルとは?

お酒がシワの原因に?アルコールが引き起こす肌トラブルとは?

年末はお酒の席も増えますが、なんとアルコールは、シワやたるみなどの肌トラブルを招いているかもしれないのです!どんなにスキンケアをしていてもお酒で台無しにしては意味がありませんよね。どんなお酒が肌トラブルを引き起こすのか見ていきましょう。

お酒の摂取量が招くシワなどの肌トラブル

あなたは普段どのくらいお酒を飲みますか?日常的に飲むという人は、もしかしたらシワやたるみができやすい状態になっているかもしれません。

アルコールを摂取すると、肌のハリに大切なコラーゲンやエラスチンが減少してシワやむくみの原因につながります。

また利尿作用があるため、あまり多く摂取すると肌の乾燥を招く可能性があります。乾燥は言わずもがなシワやくすみなどの原因になりますから、摂取量の多い人は、まずはお酒の量に注意しましょう。

そして、お酒を飲みすぎると肝機能の低下につながります。血液の流れも悪くなるので、栄養素が行き届きにくい状態です。肌への新陳代謝を妨げて、老化を早めてしまう可能性もあると言われています。

さらに糖質の高いお酒には注意が必要です。ビールや果汁入りのサワー、カクテルなどは、空腹時に飲むと急激に血糖値が上昇して細胞を傷つけたり、老化につながる可能性があります。

アルコールの摂取量を控えめに抑えて、飲む前におつまみなど何か軽く口にしておくと急激な血糖値の上昇は防げるそうです。

お酒の摂取時間帯にも要注意!

摂取量の注意も大切ですが、実は飲む時間帯もとても重要です。就寝間際にお酒を飲むと、深い眠りに入れるように思いがちですが、こうした寝酒はかえって眠りを浅くしてしまいます。

肌のターンオーバーは睡眠に影響しますので、睡眠の質が下がるとシワやたるみといった肌トラブルにつながる恐れがあるのです。また利尿作用により睡眠時の乾燥を招くことも考えられますので、いずれにしても肌への影響は避けられないでしょう。

できれば就寝の2、3時間前にはアルコールの摂取は控えるように心がけたいところです。

お酒は楽しい時間を演出してくれますが、くれぐれも飲みすぎと時間帯には注意して、余計な肌トラブルを避けましょう。

関連記事