アイシャドウの王道グラデは今っぽくないんです!【paku☆chanのデカ目イク】

アイシャドウの王道グラデは今っぽくないんです!【paku☆chanのデカ目イク】

目元コンシャスなメイクが戻ってきた。とはいえ、数年前と同じがっつりラインに盛り盛りグラデでは古めかしいから、最新版にアップデートを。そのキーワードは“引き算”と語るpaku☆chanが二重や奥二重など目の形も考慮してレクチャー!

今ドキアイメイクの正解は……

過剰な黒さやライン感、キラキラと潔く決別を!
ひと昔前はまぶたもまつげも目のキワも、それぞれ100%盛って濃厚な影色やキラキラを強く効かせてデカ目を目指していたけど、実はそれらで埋め尽くすほど抜け感がなくなり目が小さく見えがち。すべてのパーツを合わせて100%になるようにバランスをとる方が有効で、抜け感メイクのトレンドとも絶妙にマッチ。濃厚な影色やキラキラの分量を大幅カットして素材を際立せるのが正解です!

【王道ブラウングラデ→範囲を引き算!】黒目の上だけグラデ

「目の縦幅をアップさせるのが難しい奥二重や切れ長、全体にグラデを入れると重くなってぱっちり度が下がる二重向き。黒目の上だけにポイントを絞ってグラデをつくることで抜け感が生まれ、くりっと愛らしく」(paku☆chanさん)
【このタイプにオススメ!】奥二重さん、二重さん、切れ長さん

HOW TO

同系色の濃淡を中央にオン!
aをアイホール全体に薄く広げ、黒目の上のキワからアイホールまでbをオン。さらに黒目上のキワだけcを重ねてグラデをつくる。このテクだとまつげが際立ち、キュートな印象をさらにアシスト。

使ったのはコレ!

華やかなパープル。
カネボウ セレクションカラーズアイシャドウ 06 ¥5500/カネボウインターナショナルDiv.

【関連】【paku☆chanの引き算デカ目イク】キラキラすぎるシャドウはもう古い!

【極細黒インライン→黒を引き算!】キラキラ☆白インライン

「白目に密接する下まぶたのインサイドには黒ラインよりも白ラインを入れる方がデカ目効果バツグン。白目との一体感が生まれることで目の範囲が広がり、白ならではのレフ板効果で白目が一層クリアに」(paku☆chanさん)
【このタイプにオススメ!】どんな目のタイプもOK!

HOW TO

青みホワイトで下のイン攻め
同じ白でも純白だと逆に白目の黄みが目立つのでNG。透明感を高める青み系がオススメで、まつげの生えギワより内側に、目頭から目尻まで細く引いて。ふとした瞬間にキラッとするぐらいがベター。

使ったのはコレ!

青いラメがたっぷり。
キッカ スパークリングポットライナー EX02 ¥3200/カネボウ化粧品(11/8限定発売)

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん
マニアックに独自のメイク道を歩むアーティスト。簡単&効果抜群でしかもオシャレに仕上がるテクが大好評!

撮影/神戸健太郎(人物)、伊東泰寛(静物) ヘアメイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリング/西野メンコ モデル/大川藍、花梨 取材・文/楢﨑裕美

こちらもチェック!

ルナソル、マキアージュ、シャネルの人気ブラウンアイパレでつくる!デカ目メイク【paku☆chanが伝授!】
【囲み目もキャットラインも古い!】目ヂカラの出るアイラインの引き方【paku☆chan発】


関連キーワード

関連記事