奥二重さん、一重さんにも似合う!デカ目のつくり方【ハイライトと眉毛がキモ】

奥二重さん、一重さんにも似合う!デカ目のつくり方【ハイライトと眉毛がキモ】

目元コンシャスなメイクが戻ってきた。とはいえ、数年前と同じがっつりラインに盛り盛りグラデでは古めかしいから、最新版にアップデートを。そのキーワードは“引き算”と語るpaku☆chanが二重や奥二重など目の形も考慮してレクチャー!

今ドキアイメイクの正解は……

過剰な黒さやライン感、キラキラと潔く決別を!
ひと昔前はまぶたもまつげも目のキワも、それぞれ100%盛って濃厚な影色やキラキラを強く効かせてデカ目を目指していたけど、実はそれらで埋め尽くすほど抜け感がなくなり目が小さく見えがち。すべてのパーツを合わせて100%になるようにバランスをとる方が有効で、抜け感メイクのトレンドとも絶妙にマッチ。濃厚な影色やキラキラの分量を大幅カットして素材を際立せるのが正解です!

【Cゾーンハイライト→エリアを引き算!】ハイライト2点置き

「奥二重や一重の人はCゾーンに入れるとはれぼったく見えるので目尻の延長線上は外し、上下まぶたともに真横に広げて。また、目のキワギリギリに入れてまつげや眉毛の黒さを際立たせるのも効果的」(paku☆chanさん)
【このタイプにオススメ!】どんな目のタイプもOK!

HOW TO

上下ともに真横にのばす!
上下まぶたともに黒目の位置から外側に向かってAをのせ、指でなじませる。このとき上下のハイライトが繋がらないように注意。チークはマットなBを選び、ハイライトと質感のコントラストを効かせて。

使ったのはコレ!

ほんのり血色も足すピンクベージュのハイライター。
マスターストロビングスティック 02 ¥1000/メイベリンニューヨーク

肌に溶け込むようになじむオレンジベージュ。
カムフィー ブラッシュ 03 ¥3500/セルヴォーク

【関連】目が大きく見えるマスカラの塗り方【下地が7割、マスカラは3割がいい!】

【ツヤ眉仕上げ→ツヤを引き算!】助演マット眉

「眉はアイメイクの一部と捉えて眉をポイントにすることで男性的な要素を強めて目の印象をパワーアップ。だだ太く濃くするのではなく、地眉を活かしながらマットに整え、柔らかく仕上げるのが今ドキ」(paku☆chanさん)
【このタイプにオススメ!】二重さん、一重さん

HOW TO

眉マスカラは毛流れどおりに

毛並みをなぞるようにAのリキッドで一本一本描き足しながら、すき間があるところはパウダーで描き、スクリューでなじませる。仕上げにBを毛並みに沿ってなじませてマットなニュアンスを足せばOK!

使ったのはコレ!

リキッドはティントタイプで耐久力抜群。
シェイプ + シェード ブロウ ティント フリング ¥2600/M・A・C

ふんわりマット質感にチェンジ。
インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR671 ¥800(編集部調べ)/資生堂

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん
マニアックに独自のメイク道を歩むアーティスト。簡単&効果抜群でしかもオシャレに仕上がるテクが大好評!

撮影/神戸健太郎(人物)、伊東泰寛(静物) ヘアメイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリング/西野メンコ モデル/大川藍、花梨 取材・文/楢﨑裕美

こちらもチェック!

ルナソル、マキアージュ、シャネルの人気ブラウンアイパレでつくる!デカ目メイク【paku☆chanが伝授!】

関連キーワード

関連記事