美腸美人を目指そう!腸の「ゴールデンタイム」の効果的な過ごし方

美腸美人を目指そう!腸の「ゴールデンタイム」の効果的な過ごし方

肌と同じように、腸にも「ゴールデンタイム」があるのをご存知ですか?腸内環境が乱れると、便秘を引き起こすだけでなく、美容にとっても様々な悪影響をもたらします!腸のゴールデンタイムを有効的に過ごして、美腸美人を目指しましょう。

知ってた?腸にも「ゴールデンタイム」があるんです!

美容の為には、腸内環境を整えてあげることがとても大切です。腸は「第二の脳」と呼ばれ、全身に影響を与える重要な器官と言われています。

若々しく美と健康を保つ鍵は、腸内環境にあると言っても過言ではありません!美腸になると、どのような効果が期待できるのでしょうか?
■便秘解消効果
■ダイエット効果
■美肌効果
■冷え・むくみ改善
■免疫力UP
■デトックス効果 など

上記のように、腸内環境を整えることには、様々なメリットがあるのですが、より効果を得る為にも、「ゴールデンタイム」を活用しましょう!

肌のゴールデンタイムはよく耳にするかと思いますが、実は腸にも「ゴールデンタイム」があるそうです。腸のゴールデンタイムには、以下の2種類に分かれます。
■食後3時間
食後3時間というのは、食べた物を腸が「消化・吸収」する時間です。この時間帯に、腸がスムーズに働かないと、栄養を吸収出来なかったり、未消化のものが残ったり、腸トラブルに繋がることも。

■夜22時~2時
この時間帯は、「副交感神経」が活発になり、腸が活性化する時間帯と言われています。特に、腸のぜん動運動を促す為には、午前0時には眠っていることが理想的です。

腸の「ゴールデンタイム」を有効的に!過ごし方のポイント

腸のゴールデンタイムを上手く活用することが、美腸への近道でしょう。

◎食後はリラックスして過ごす
胃腸の働きを司る副交感神経の働きを鈍らせないよう、食後はなるべくリラックスして過ごすようにしましょう。パソコンやスマホの使用は、交感神経(緊張状態)が優位な状態になるので、使用を控えるのがオススメ。部屋の照明を少し暗くしてあげると、自然と副交感神経が優位になりますよ。

◎食後すぐは運動しない
食後は、消化する為に血液が胃腸に集まります。食後すぐに運動してしまうと、筋肉を動かす為に胃腸に回すべき血液が奪われてしまうので、2時間程休んでから運動するようにしてください。

◎食後すぐに寝ない
食べた後すぐに寝るのはやめましょう。食事は寝る3時間前までに済ませてください。消化や吸収が上手くいかなかったり、腸の動きが悪くなってしまいます。時間がなくて難しい時は、消化しやすいものや量を減らすなどして、腸の負担を減らしてあげてください。

◎食事中も食べることに集中
食べることに集中し、よく噛んで食べるようにしてください。よく噛むことで副交感神経を刺激出来るので、腸の動きも活発になると言われています。

腸のゴールデンタイムの過ごし方を見直して、内側から綺麗になりましょう!

関連記事