腸内環境と免疫力がUPする驚きの食材「ホットバナナヨーグルト」とは

腸内環境と免疫力がUPする驚きの食材「ホットバナナヨーグルト」とは

腸内環境をよくするために、ヨーグルトを食べている人は多いのではないでしょうか?ほんの一手間加えると、ヨーグルトの乳酸菌の働きがより活発化する方法があります。そこにバナナも入れると免疫力もUPするそうなのでオススメですよ。

ホットヨーグルトとホットバナナは相性抜群

腸内環境を良くする食材としてヨーグルトが有名ですよね。このヨーグルト、実は温めるとより乳酸菌の活動が活発になり、その結果、腸内の善玉菌が増えてウィルスや悪い細菌を退治してくれるので、免疫力がUPするんだとか。また腸内環境が良くなることで、便秘の解消にも繋がり美肌効果も期待できます。美容や体調管理のためにも腸内環境を整えることは重要だということですね。

バナナにもヨーグルトのように腸内環境を整える作用があります。ブドウ糖、果糖、オリゴ糖、食物繊維などが善玉菌を増やし腸内フローラを整えてくれる効果があるんだとか。バナナに含まれるポリフェノールには抗酸化作用を持ち、アンチエイジングにも期待できます。温めることでこれらの効果がさらにUPするそうです。

ヨーグルトにバナナを入れて食べるのは相性抜群の食べ物と言われています。温めて食べるだけなら簡単ですが、量と温め方、いつ食べるのが効果的なのでしょうか?

「ホットバナナヨーグルト」の作り方

食べる時間は「朝」がオススメです。朝は体温が下がっているので、朝食で温かいものを食べるのが良いそう。昼食、夕食は外で食べると言う人も朝なら続けやすいですね。一日の始まりに腸内環境を良くして免疫力UPを狙いましょう。

【ホットバナナヨーグルトの作り方】
<材料一食分>
バナナ 1/2
ヨーグルト 100g

<作り方>
1.耐熱容器にバナナを入れ、600wのレンジで30〜40秒温めます。
2.容器を取り出しバナナを軽くつぶしてヨーグルトを入れ、レンジで再び30〜40秒温め、混ぜて完成です。

63度以上になると乳酸菌は死滅すると言われているので温めすぎないように調整してください。寒い冬の朝にはぜひホットバナナヨーグルトを試してみてくださいね。

関連記事