この冬は茶系orプラム系を狙うべし!【ベスコス口紅部門】TOP5

この冬は茶系orプラム系を狙うべし!【ベスコス口紅部門】TOP5

毎回、激戦となる口紅部門。今期は、個性が光るディープカラーの争いに。透け感やツヤによる軽い仕上がりや、ブラウン寄りの深い色みに人気集中。

第5位◆キッカ メスメリック リップ スティック 35 ¥3800/カネボウ化粧品

肌が冴えるぶどう色
5位に滑り込んだのは、青みレッド、というよりパープルに近い個性派カラー。一見、人を選びそうなこの色は、計算された青みとシアーな発色の相乗効果で、肌を明るく冴えた印象に演出してくれる、実は大人の味方カラー。くすみが気になるときはケアよりコレを。
■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「つけた瞬間、唇の色となじんで大人な印象に。透明感のある仕上がりと色合いが旬!」

「くすんだ肌もひと塗りで明るくなる。ツヤ、透け感、美発色の旬のボルドーは絶対買い!」

第4位◆ポール & ジョー リップスティック N 103 ¥2000(ケース別売り ¥1000)/ポール & ジョー ボーテ

どんなメイクにもマッチ!
パッと見はボルドー、でも唇にのせると超シアーなブラウンレッド。そんな見た目とつけたときのギャップが楽しく、また色自体もオシャレでかわいい、ポール & ジョーの103が4位に。一本でもキマるカラーながら、どんなアイメイクともなじむのも人気の理由。
■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「みずみずしいツヤ感がありつつも、オシャレに色づく。濃い色でもカジュアルに使えます」

「透け感のあるブラウンレッドがトレンド感たっぷり。少しエロくて大人っぽさが漂う絶妙リップ!」

第3位◆シャネル ル ルージュ クレイヨン ドゥ クルール 8 ¥3900

描く楽しさにハマる!
3位には、青みボルドーのクレヨンリップがランクイン。クレヨンというとベタッと重くがのるイメージがあるけれど、こちらは気持ちいいくらいなめらか、軽やか。スルスルのびる快適なつけ心地と、気分のままに“描く”楽しさは、一度体験すればクセになるはず。
■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「誰もが中毒になる湿度高めのブラックベリーカラー。一本でライン&塗り潰しが可能なのがマーベラス」

「クレヨンっぽくないのびのよさでツヤがのり、唇プルン。唇が薄い人、輪郭がぼやけた人に」

【関連】【超速報!】2017年下半期ベストコスメ「メイク部門1位」のアイテムだけ先行公開!

第2位◆セルヴォーク ディグニファイド リップス 09 ¥3200

塗るだけで即、今年顔!
2位に入ったのは、一時在庫切れの大HITとなった、セルヴォークのオレンジブラウン。今期のトレンドど真ん中の色みと、ツヤツヤじゃないけどマットすぎない“ちょうどいい”質感が、好評のポイントに。メイクに今っぽさを出したいとき、コレを使えば間違いなし。
■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「今期にピッタリなテラコッタカラー。今年のトレンドにピタリとハマり一気に今時な顔に!」

「あるようでなかった、まさに、これこそオシャレ色!マットとシアーの中間の質感も絶妙」

第1位◆SUQQU モイスチャー リッチ リップスティック 10 ¥8000

深くて軽いディープカラーリップの最新形
濃密なテクスチャー×シアーな発色で“色を灯す”SUQQUの新リップから、ブラウンニュアンスのある赤が激戦の勝者に。難易度の高いカラーが、透ける発色とにじむツヤにより驚くほど使いやすくなっていて、茶系や深いトーンをつけると老ける……という悩みを解消。ディープな色への苦手意識を払拭してくれる。
■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「上質さと清潔感を併せ持つ、ブラウンニュアンスの赤に心を奪われた。唇が喜ぶつけ心地が最高」

「色香ただよう唇とはこのこと。ぬくっと湿度を感じるツヤ、濃密で透明なコクのある色づき。最強の唇」

「人目を引く強さがあるのに、がんばってる感がない。大人向きのこなれたトレンドリップ」

「深み色に透明感を持たせつつ、じゅわっとにじむ大人の色気。口紅の質感はこんなにも進化できるのか!としみじみ感動した一本」

【ベスコスってどうやって選んでいるの?】
対象商品:2017年7~12月発売のコスメすべて
審査員:55名
選考方法:2017年7~12月に発売された限定品を除くコスメを対象に、部門ごとに3品選出。ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、編集部員はスキンケア部門(10)とメイク部門(18)を審査し、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門のみを審査する。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、部門賞を決定。さらにメイク部門とスキンケア部門の中で、獲得点数が多かった上位2つのコスメが最優秀賞、優秀賞に選出される。

ベストコスメはこちらでチェック♥

≪下半期ベスコス、スキンケア部門の気になる1位まとめはこちら!≫
【超速報!】2017年下半期ベストコスメ「スキンケア部門」1位総まとめ

撮影/菊地泰久(vale./人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/岡田知子(TRON)、George、paku☆chan(ThreePEACE) スタイリング/川﨑加織 モデル/森絵梨佳 取材・文/楢﨑裕美、宮下弘江、小池菜奈子 構成/鬼木朋子、与儀昇平

関連キーワード

関連記事