【ベスコス】豊作&激戦の【化粧水部門】を制したアイテムとは?

【ベスコス】豊作&激戦の【化粧水部門】を制したアイテムとは?

これまでの化粧水による保湿の限界を遥かに上回る大型新人が出揃った2017年下半期。肌も心もふっくら豊かにする官能系を制し、肌の貯水力にこだわった先進○○が快勝!

【化粧水部門】

豊作&激戦につき、5位まで紹介!

◆第5位◆DEW ローション 全3種 150ml 各¥3500(編集部調べ)/カネボウ化粧品

ヒアルロン酸の威力をあらためて!
もっと肌を愛おしんでケアを堪能してほしいとの想いを込めてリニューアルしたDEWが、濃密なとろみとみずみずしさ、高浸透、瞬時のハリ実感などを評価され、僅差で5位にランクイン。1981年から続くカネボウ化粧品のヒアルロン酸研究の成果を盛り込み、肌が喜ぶような五感に響く設計にこだわった渾身作だ。この商品の詳細はこちら。

審査員も大絶賛!

「肌の上でシャバッと弾けて浸透し、瞬時にうるハリ。化粧水ケアがメインの人にぴったり」

「浸透&ベタつきのなさを追求したとろみ質感がいい。乾いている肌ほど感じる濃厚な潤い」

◆第4位◆ランコム アプソリュ プレシャスセル ローズ ローション 150ml ¥14500

花びらとろける官能化粧水の最高峰
本物のガリカ ローズの花びらが浮かぶ化粧水は、肌に広げると花びらがほどけて浸透するというセンシュアルな一本。ダマスク ローズ ウォーターやセンチフォリア ローズ ネクターも配合し、アプソリュならではの高いエイジングケア効果に、バラづくしのリチュアル感をプラスした処方にノックダウン必至。この商品の詳細はこちら。

審査員も大絶賛!

「とろんとした化粧水がバラとともにほどける贅沢さに感動。むっちりした官能的な肌に」

「バラでケアするという贅沢感♡ 使うたびに肌の柔らかさやツヤのレベルが上がっていく」

◆第3位◆SUQQU モイスチャーハイドロローション 200ml ¥8000

枯れ肌ももっちり潤す乳液IN化粧水
大人の乾燥はただ乾くだけではなく、ハリが不足してキメは乱れ、見るからにしぼみ感とカサつき感が否めない。そんな肌をみずみずしくつやめかせるべく誕生した化粧水は、極小サイズの乳化粒子を配合し、“透明乳液”の顔も持つユニークな処方。すみずみまで補水してしなやかにほぐし、もっちりとしたツヤ肌に。この商品の詳細はこちら。

審査員も大絶賛!

「肌がヒタヒタに潤うような浸透感がたまらない。潤いが詰まったもっちり肌が瞬時に蘇る!」

「さらさらしてるのに、驚くべき保水、保湿力。オイリー肌には抜群。選びぬかれた香りも最高」

◆第2位◆THREE エミング ローション 140ml ¥7800

THREE度満点の芳醇&豊潤な化粧水
「心地よさを感じずにはいられない」と審査員を魅了した化粧水の特徴は、なんといってもTHREEらしい精油ブレンド。甘さや官能さはありながらも、他とは一線を画す凜々しい香りでケアする悦びをもたらす。女性ホルモンの乱れに対応し、大人肌特有のアンバランスさを正しながら保水力を高める効果も抜群。この商品の詳細はこちら。

審査員も大絶賛!

「心地よいみずみずしさと清潔感のある精油の香りで、肌も心も清らかに。本当に上等な化粧水」

「濃密でいてスッキリと甘い香り、まろみを感じるつけ心地、潤い充足感のすべてが至福です」

◆第1位◆エスト ザ ローション 140ml ¥6000

化粧水の域を超える潤い保持力に絶賛の嵐!
エイジングケアのイメージが強いエストが、本来の力を高めて刺激を跳ね返せる肌を目指して一新。砂漠の塩湖で水分を逃さず生き続ける極限環境生物由来のエクトインを配合し、たっぷりと水分を肌の中へ引き込み、抱え込ませ続けることで、超乾燥環境でも潤い続ける肌へ。基本ケアの王道“保湿”へ原点回帰しながらも最先端アプローチを極め、肌の貯水力を高める理論と本気の実力に拍手喝采。この商品の詳細はこちら。

審査員も大絶賛!

「角層に水分を保持させて確実に潤いを実感できる化粧水として理論的にも技術的にも高く評価」

「潤いを与えるだけでなく抱え込んで逃さない肌と化粧水が高めあう本気の保湿ケア化粧水」

「化粧水で保湿が可能になったと衝撃。肌なじみのよさで、毎日使い続けたくなる逸品」

「濃密な潤いだけでなく、幸福な気持ちまで肌に届けてくれる今シーズン最高峰のローション。ハリ、弾力、キメ、裏切られる心配は無用!」

「ホンットに潤いが続く。角層に潤いが保持されることで透明感もハリも出て、見た目が変わる。万年乾燥肌に悩んでいる人全員に全力プッシュ!」

「使っているうちに、気づいたら乾燥しない肌になっていた! 十分に保水された肌は、ちょっとのことじゃゆらがないんだと改めて認識」

ベスコスってどうやって選んでいるの?

対象商品
2017年7~12月発売のコスメすべて

審査員
55名

選考方法
2017年7~12月に発売された限定品を除くコスメを対象に、部門ごとに3品選出。ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、編集部員はスキンケア部門(10)とメイク部門(18)を審査し、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門のみを審査する。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、部門賞を決定。さらにメイク部門とスキンケア部門の中で、獲得点数が多かった上位2つのコスメが最優秀賞、優秀賞に選出される。

≪ベスコスはどうやって決められている?こちらもチェック≫
■VOCEのベストコスメはなぜすごいのか【広告などの大人の事情には一切左右されません!】

2017下半期ベストコスメをチェック♥
https://i-voce.jp/cosme/bestcosme/2017aw.html

撮影/伊藤泰寛 取材・文/楢﨑裕美、宮下弘江、小池菜奈子 構成/鬼木朋子、与儀昇平

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連キーワード

関連記事