二重アゴの原因はスマホだった?使い過ぎでたるむフェイスライン

二重アゴの原因はスマホだった?使い過ぎでたるむフェイスライン

もはやスマホは私たちの日常の中で欠かせないものと言っても過言ではないでしょう。そんな中、現在スマホの見過ぎによるアゴのラインがたるむ「スマホ二重アゴ」になる人が増えているのだとか!なぜ二重アゴになるのか詳しく見ていきましょう。

スマホの使い過ぎで二重アゴになる原因とは?

あなたは1日にどれくらいスマホを利用しますか?1時間、SNSやゲームに夢中になれば2時間や3時間、いやもっと、という人もいるでしょう。

スマホの使いすぎで起きる二重アゴやたるみの原因は、筋力の低下にあります。首を前に傾けた姿勢はアゴの下にある筋力を低下させてしまいます。

また、スマホを見ているときは口がへの字になっていたり、ほとんど無表情のため、表情筋が衰えていきます。皮膚が垂れ下がって、やがてたるみにもつながってしまうと言われています。

また姿勢の悪さも大きく影響します。頭を前に傾けた姿勢がつづくと猫背になって内臓を圧迫してしまうこともあります。自律神経やリンパ、血液の流れが悪くなり、顔のむくみにつながることもあるのだそうです。

さらにスマホの画面を見すぎる目の疲れにも注意が必要です。目元のたるみを引き起こし、血行不良がフェイスラインにも影響を与えると考えられています。

スマホによる二重アゴやたるみを解消するには?

筋肉の低下がたるみや二重アゴの原因ですから、やはり表情筋を鍛えるのが効果的です。おすすめの表情筋エクササイズをご紹介します。

ます、アゴを伸ばすように上を向いて、舌を突き出します。数秒間キープした後、再び舌を戻します。これを数回繰り返すだけでも、二重アゴやたるみの解消のほか、フェイスラインをすっきりさせる効果が期待できるでしょう。

また、スマホを使っているときは姿勢も悪くなりがちなので、ときどき上を向いて首を伸ばすなど、硬くなった
筋肉をほぐす意識を心がけましょう。通勤や通学の移動時間にもできるのでおすすめです。

たるみや二重アゴは実年齢よりも老けて見えてしまいます。また、何も対策をしなければどんどん悪化していきます。

まだ30代なのに40代に見られるという人は、是非これらの表情筋エクササイズを試してみてください。そしてスマホと上手な付き合い方をしていきましょう。

関連記事