妊娠線は消せる?目立たなくするおすすめのケア方法をご紹介

妊娠線は消せる?目立たなくするおすすめのケア方法をご紹介

妊娠線に悩む女性はたくさんいます。簡単に消せるものではないので、できてしまったらあきらめてしまう人もいると思いますが、できるだけ目立たなくすることはできると言われています。そこで、自分でできるケア方法をご紹介します。

【妊娠線のケア】妊娠線はどうしてできるの?

妊娠線はできやすい体質の方もいるようですが、初産の場合、およそ半数以上の人に現れると言われています。そもそも妊娠線はどうしてできるのでしょうか?

妊娠線は、急激に大きくなったお腹に皮膚がついていけずに、皮膚を作る繊維が切れてできてしまう肉割れの状態を指します。

表面の「表皮」と呼ばれる皮膚が切れているのではなく、表皮のさらに下にある「真皮」と呼ばれる皮膚の層まで断裂している状態なので、普通の保湿クリームを塗っても妊娠線を消すのは難しいとされています。

また、妊娠線は太ももにかかる部分にまで広がることもあります。妊娠中にどんなに気をつけてケアしていても妊娠線ができてしまうこともあるので、出産後、どのようにケアするかがとても大切なのです。

【妊娠線のケア】妊娠線を目立たなくする方法

さて、では妊娠線を消すにはどうしたらよいのでしょうか?妊娠線を完全に消すのは難しいですが、目立たなくすることは可能だと言われています。

裂けた「真皮」は、できはじめは内出血の影響で赤紫色をしていますが、出産後やがて修復されると白い妊娠線に変化します。

妊娠線を目立たなくするには、白い妊娠線のできた真皮の、さらに上の層の皮膚「表皮」を再生させることが近道と考えられています。簡単に言えば妊娠線を表皮で覆い隠すということです。

保湿クリームやオイルで妊娠線を消そうとしても難しいので、おすすめの方法は妊娠線クリームを塗ること。妊娠線クリームの成分は、表皮を回復させるのに重要な肌のターンオーバーの活性化の効果があります。さらに本来のバリア機能に加え、皮膚の保湿も期待できます。

妊娠線クリームのなかには、真皮から修復をする成分を含むものもあります。傷ついた細胞を外へと排出する効果があるものなら、より効果が期待できるでしょう。

ただし、肌のターンオーバーは年齢を重ねるとともに周期が遅くなっています。出産後に肌のコンディションがすぐに戻るというわけでもないので、目立たなくなるには、やはり時間がかかります。

早く消したい!という人はクリニックで治療するという手段もありますが、授乳期間中は治療ができないこともありますので、いずれにせよ時間が必要でしょう。

その間、できるだけ妊娠線クリームで回復しておくのも良いでしょう。気になる妊娠線、適切にケアして目立たなくしていきたいですね。

関連記事