婦人科医に聞く!混同しやすい病気「子宮筋腫」と「子宮内膜症」とは

婦人科医に聞く!混同しやすい病気「子宮筋腫」と「子宮内膜症」とは

子宮にまつわる病気としてよく耳にする、子宮筋腫と子宮内膜症。それぞれ「生理が重くなる」という兆候があるようですが、一体どんな違いがあるのでしょうか? アヴェニューウィメンズクリニック院長の福山千代子先生に、子宮の病気について聞きました!
子宮に起こる、さまざまな病気 福山千代子先生

できる箇所によって症状の異なる病気、子宮筋腫

福山先生は「子宮筋腫と子宮内膜症を混同している患者さんは多い」と言います。それぞれどんな病気なのでしょうか?

「子宮筋腫は、子宮内に良性の腫瘍ができる病気です。良性なのですが、卵胞ホルモン(エストロゲン)の影響を受けて育ってしまいます。つまり、生理のたびに大きくなり、場合によっては10cmを超える大きさの腫瘍になることも。女性の3割がかかる病気で、30~40代がピークの年齢です」(福山先生)

「できる原因はわからない」というこの病気、できる場所によって名称も症状も異なるそうです。

「子宮の外側にできるものは『漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)』と呼ばれ、腫瘍が小さいうちはあまり症状が出ません。大きくなると、お腹がぽっこりと出て痛みを伴ったり、腰痛になったり、膀胱を圧迫するために頻尿になったりする場合があります。

子宮の筋肉内部にできるものは『筋層内筋腫』と呼ばれ、これも小さいうちはあまり症状が出ません。大きくなると出血量が増えたり、お腹が重苦しい感じがしたり、生理痛がひどくなったりします。

小さいものでも強く症状が出るのが、子宮の内側に向かって発育する『粘膜下筋腫』です。わずか1cmでも生理の出血量が急増するので、なった方は異変を気づきやすいでしょう。放置すると子宮の内腔が変形してしまい、流産や不妊の原因にも。出産を希望する方は早めに取っておきたい腫瘍です」(福山先生)

子宮筋腫は主にこの3種類に分かれるそうですが、2つ以上の筋腫が同時に発生することもあるとか。また、ほかに子宮の下部にできる「頚部筋腫」や、育った筋腫が膣外に出てしまう「筋腫分娩」などの筋腫もあるそうです。

生理の経血量が急増してしまう、子宮内膜症

では、子宮内膜症はどんな病気なのでしょうか?

「内膜とは、子宮の内側を覆う組織のこと。生理の周期によって厚みが変わり、生理が始まるとはがれ落ち、経血となります。子宮内膜症はこの内膜が、子宮の内側以外の臓器にできてしまう病気です。20~40歳がピークで5~10%の女性がなると言われています。

子宮の内側以外にできますが、生理の時期にはやはり出血してしまいます。たとえば、卵巣にできると血液を排出できないため、血液が卵巣内にたまり、その結果、チョコレートのう腫という血がたまったものができたり、ほかの臓器と癒着して痛みが生じたりします」(福山先生)

月経痛が悪化するため「なんだか変だな?」と感じて来院する人が多いようです。でも、これも明確な原因はわかっていないそう……。

「原因は諸説あり、ひとつは『逆流説』といって、生理中に膣へ出るべき内膜が卵管を通って逆流し、腹腔内に漏れ出てしまう説。これは生理中の性交渉が原因のひとつではないかと言われています。もうひとつ、腹膜が何らかの理由で子宮内膜に変化してしまったという説もあります。

また、帝王切開や中絶など、子宮の内腔を触る手術によって、子宮内膜に似た組織が筋層内に入ってしまった『子宮腺筋症』という病気もあり、これは子宮内膜症と混同しやすいです」(福山先生)

子宮筋腫と子宮内膜症、それぞれの治療方法とは?

子宮筋腫と子宮内膜症、かかってしまったらどのように対処すればよいですか?

「閉経するまでは放置して治るものではないので、痛み止めなどの対処療法や漢方療法、LEP療法などによるホルモン療法もありますが、それでもコントロールできないときは腹腔鏡などによる手術をおこないます。痛みなどがなく、症状が軽いうちであれば経過観察をしますが、いずれも生理を繰り返すにつれて悪化するので、最終的には手術によって摘出する方もいます。

筋腫の場合は、筋腫に栄養を与えて動脈をふさぐ方法や、超音波で筋腫に熱を加えて腐らせる方法もありますが、圧倒的に手術が多いですね。内膜症の場合、閉経が近い方であればホルモン剤を投与して閉経に持ち込む『逃げ込み療法』もあります。

腹腔鏡の手術は傷がとても小さくて済むのが利点です。入院は3~5日程度で、2週間ほど休養すれば社会復帰できます」(福山先生)

定期的なエコー(超音波)検査をしていれば、いずれも見つけやすい病気だそう。年に一回はせめて婦人科で検診をしてもらう習慣を身につけたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
福山 千代子 先生
アヴェニューウィメンズクリニック 院長/産婦人科医

関連記事