年末年始におすすめのダイエット法!忘年会・正月太りの予防・解消

年末年始におすすめのダイエット法!忘年会・正月太りの予防・解消

クリスマスや忘年会、お正月と年末年始はどうしても太りやすい時期ですよね。年明けにお気に入りのスカートがパンパン!なんてことがないように、忘年会・正月太りを予防する方法や解消するためのダイエット法をご紹介します!

忘年会太り・正月太りの原因とは?

忘年会太りやお正月太りの大きな原因は、通勤が減ってカロリーの消費量が減る中で、おいしくて高カロリーなメニューを普段より食べる機会が多くなる点といわれています。それと同時に、お酒の量が増えたり、塩分や甘いものを多く摂るせいで、体がむくむことも「太った」と感じる要因になっているとか。

また、彼氏や旦那さん、親や親せきといった普段とは違う人間関係が強まったり、反対にそういった人間関係が薄いことで強い孤独を感じるなど、人間関係のストレスで、知らぬ間に過食に走るケースもあるそうです。

忘年会太り・正月太りの予防法

■1日2食だけ低カロリーダイエット|1食は好きに飲んで食べる!
みんなでワイワイ食べる時に、「私は太るから少なめで…」というのは、場がしらけてしまうこともありますよね。そんなときは、朝と昼を低カロリーにして、夜だけは楽しく飲んで食べる!という忘年会・正月太り予防法です。

たくさん食べる日の朝ごはんは、バナナ入りヨーグルトや豆乳ジュース、スムージーなどがお手軽ですすめ。昼ごはんは、野菜スープに半膳程度のご飯を入れて作った簡単おかゆや市販の低カロリー雑炊などでカロリーをセーブします。1日のトータルでカロリーを考え、太らないようにコントロールしましょう。

■サプリメントを活用する
食べても血糖値があがりにくくなるというサプリメント、漢方系の代謝を良くするようなサプリメントなど、太りにくくするのに役立つようなサプリメントが販売されています。頼り過ぎは厳禁ですが、こういったときだけは、その力をちょっと借りてみるのも良いかもしれませんね。

忘年会太り・正月太りを解消するためのダイエット法

■翌日ダイエット
食べ過ぎたのが1日なら、太った分は1日で解消する。食べ過ぎたのが3日なら、太った分は3日~6日で解消する。1週間かけて太った分は、1~2週間はかかる。美しいスタイルをキープしているダンサーなどの間ではちょっと有名な言葉だとか。

つまり、食べ過ぎは翌日までに解消してしまえば、それほど大変なダイエットをしなくても、解消しやすいというわけです。食べ過ぎた翌日は、がんばってウォーキングをしたり、無理のないカロリー制限をしたりして、体重が落ちにくくなる前に解消しましょう。

■ストレッチで筋肉を動かす
せっかくのお休みだからのんびりしたい!という気持ちはわかりますが、筋肉は1週間もすれば衰え始めるともいわれているので、やはり運動は大事。

とはいえ、気分的になかなか難しいときは、ストレッチだけでも行いましょう。ストレッチで筋肉を伸ばしたりするだけでも、筋肉の衰えを予防することにつながるそう。また、ストレッチでその周辺組織を刺激すると、停滞しがちな血流や代謝を上げてむくみ解消などの効果も期待できるそうです。

お正月明けに後悔しないように、今年のクリスマスや忘年会、お正月こそは、がんばってみましょう!

関連記事