自分が理想とする肌に近づくための保湿クリームの選び方とは?

自分が理想とする肌に近づくための保湿クリームの選び方とは?

スキンケアの一番最後に塗ることで肌に与えた水分や美容成分に蓋をしてくれる保湿クリームですが、ドラッグストアなどに行くと様々な種類があって迷ってしまいますよね。そこでなりたい肌別の保湿クリームの選び方をご紹介していきます。

保湿ケアに欠かせないクリームだけど種類がありすぎて迷う…

保湿クリームは、化粧水や美容液などの潤いや美容成分を肌に閉じ込めて蒸発を防ぐ役割があります。それだけでなく、油分を補ってしっとりとした美肌に導いたり、小じわやほうれい線を予防してくれるのでスキンケアに欠かせないアイテムですよね。

保湿クリーム選びに迷っている方は、自分の理想とする肌に近づける保湿クリームを見つけていきましょう。

なりたい肌に合わせた保湿クリームの選び方

保湿クリームには、潤いに蓋をして刺激から守るもの、水分や潤いを与えてくれるもの、エイジングケア向きのもの、美白ケアができるものなど様々な種類があります。


まず、化粧水や美容液でたっぷり潤いを与えたあと蒸発を防いで外部刺激から守るならシンプルなシアバターがおすすめです。シアバターは、体温でするりととろけて肌を優しく包んでくれたり、不飽和脂肪酸のオレイン酸、リノール酸などを含んでおり浸透性が高いのが特徴ですよ。
 
水分も与えてしっかりキープしてくれるのがヒト型セラミド入りの保湿クリームです。セラミドは水分保持機能があるため、化粧水や美容液だけでは潤いが足りない方におすすめだと言えるでしょう。
 
エイジングケアをしてハリつやのある肌になりたいなら、ビタミンC誘導体、コラーゲン、フラーレン、アスタキサンチンなどのエイジングケア成分が含まれているものが最適です。
 
くすみや濁りのない透明感のある肌を求めるなら、美白ケア用の保湿クリームがいいでしょう。アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸、アルブチンなどの美白成分がしっかり含まれた医薬部外品の保湿クリームが効果的です。美白成分の中には乾燥しやすいものもあるので、保湿成分もたっぷり含まれた保湿クリームを選ぶといいですね。

保湿クリームで理想のぷるぷる肌に

保湿クリームはとりあえず保湿できればいいや!と思いがちですが、理想の肌に合った成分が含まれている保湿クリームを選ぶことでより美肌に近づけるはずです。なりたい肌に合った保湿クリームを選んでいつものスキンケアをパワーアップさせてみてはいかがでしょうか。


■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事