アンチエイジングや便秘解消にもなる「ホットバナナ」の作り方

アンチエイジングや便秘解消にもなる「ホットバナナ」の作り方

バナナを温めるだけで、バナナに含まれる「ファイトケミカル」のパワーがアップするんだとか。この「ファイトケミカル」、アンチエイジングや免疫力アップなど嬉しい効果に期待されています。バナナを温めるだけでいいならとても簡単ですね。

バナナに含まれるアンチエイジングに効果的な「ファイトケミカル」

便秘に良いとされているバナナには、「レジスタントスターチ」という食物繊維と似たような働きをするでんぷん質が含まれており、このでんぷん質は消化されにくく大腸まで届くと善玉菌の働きを助ける効果があると言われています。ただし、この「レジスタントスターチ」はまだ熟れていない青いバナナに多く含まれるので、便秘解消を目的にバナナを食べる場合は青いものを選びましょう。

さらに、バナナには他にも美容に役立つ嬉しい効果がたくさんあります。バナナに含まれる「ファイトケミカル」は、温めると体の免疫機能をサポートする力がアップすると言われているため、風邪予防に役立ったりアンチエイジングの作用を持つ抗酸化作用やシワの原因となるコラーゲンの減少を抑える働きがあると言われています。また、バナナにはカリウムも含まれているため、余分な塩分を排出してくれる働きもあり、むくみ防止効果も期待できます。

風邪予防にもなり、老化を防いでくれる効果が期待できるなんて、とても魅力的な食べ物ですね。

アンチエイジングや便秘解消にもなるホットバナナの作り方

◎ホットバナナの作り方
【材料】
バナナ 1本
バナナが入る耐熱容器
ラップ

【作り方】
皮を剥いて1本丸ごと、もしくはざく切りにしたバナナを耐熱容器に入れラップをかけ、600wの電子レンジで30〜40秒温める。

◎ホットバナナをアレンジ
<オリーブオイルをプラス>
オリーブオイルにも抗酸化作用があるので、バナナの抗酸化作用とプラスしてアンチエイジング効果を増量しましょう。

<ヨーグルトをプラス>
整腸作用のあるヨーグルトをプラスして便秘解消効果をアップしましょう。

温めた方が「ファイトケミカル」のパワーがアップする他、腸を冷やすことがないので、腸自体の活動能力を妨げることがありません。冬は体や内臓が冷えることによって便秘を引き起こしやすいので、温かいものを食べることは腸にも優しいということですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事