【ベスコス】カバー力のあるマットタイプが人気!【リキッドファンデ】の5強アイテム

【ベスコス】カバー力のあるマットタイプが人気!【リキッドファンデ】の5強アイテム

マット肌が台頭し、カバー力にも注目の集まった今期、混戦を制したのはYSL。並み居る強豪を抑えたトップ5がこちら!

第5位◆ベアミネラル ベアプロ リキッド ファンデーション SPF20/PA++ 全10色 30ml ¥4800

一日中続くカバー効果が秀逸
ミネラルと植物の恵みを贅沢に配合したベアミネラルの高機能ファンデが5位入賞。高いソフトフォーカス効果で欠点をフルカバーし、ナチュラルマットな肌が一日中くずれない。肌が安らぐような軽やかで快適なつけ心地も人気を集めた。

【仕上がりは?】

■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「ハイカバーなのにヌード、butマットな質感。肌悩みを一掃し、パーフェクトな肌が長時間持続」

「テクいらずでパパッと塗ってもキレイ。メイク持ちがダントツでヘルシーなツヤ肌が続きます」

第4位◆クリニーク イーブン ベター グロウ メークアップ 15 SPF15/PA++ 全10色 30ml ¥4800

潤う素肌を思わせるグロウなツヤを演出
僅差の4位はクリニーク。素肌を美しくするスキンケア力と、光を巧みに操り、色ムラを均一に整えるメイクアップ効果を融合。肌にピタリと溶け込む色バリエと、潤いが溢れるようなツヤが実現する、ヘルシーな仕上がりが好評!

【仕上がりは?】

■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「これ一本で極上のツヤ肌に」

「抜群のフィット感と適度なカバー力。厚塗り感が出ず、肌そのものが美しくなったかのように仕上がる」

【関連】【ベスコス】進化がとまらない【パウダリーファンデ】BEST3は?

第3位◆アディクション ザ ファンデーション SPF12/PA++ 全17色 30ml ¥4000/アディクション ビューティ

驚異の軽さで素肌感を追求
ベースメイク108品のリニューアルを行い、話題をさらったアディクションから素肌のようなフレッシュな仕上がりが自慢のリキッドが3位に入った。驚くほど軽く、乳液のようにさっと広げるだけで、均一な肌色に整う手軽さにヤミツキになるプロが続出。

【仕上がりは?】

■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「軽いつけ心地でストレスフリー! 薄づきなのに、毛穴がキレイにカバーできるのがすごい」

「丁寧にスキンケアをした後のツヤ感とハリ感をシンプルに再生してくれるような素直さ」

第2位◆ランコム タンミラク リキッド SPF25・/PA+++ 全7色 30ml ¥6000

光を操るオーラ肌の進化形
プロの心を捕らえたのは、タンミラクにしか表現できない内側から湧き上がるような自然な発光感。パワーアップした光の効果で、気になる肌悩みがカモフラージュされ、見えなくなると高評価。潤いをひきつけて離さない新技術で高まった保湿力や、肌にやさしい処方もうれしい。

【仕上がりは?】

■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「素肌が透けるほど薄づきなのに、光の効果でキメの乱れや色ムラが整い、目を見張るほどの透明感が!」

「まとえるのはふんわりとした上品な光。しかも、毛穴を厚塗り感なくカバーして上質な肌に」

第1位◆イヴ・サンローラン アンクル ド ポー オール アワーズ ファ ンデーション SPF20/PA+++ 全4色 25ml ¥6600/イヴ・サンローラン・ボーテ

究極のカバー効果で隙なし旬肌に!
激戦の中、2位に100点以上の大差で勝利を収めたのはYSL。厚塗り感を微塵も感じさせずに、肌の欠点を魔法のように消し去るハイレベルなカバー力を備え、トレンドど真ん中の軽やかなフォギー肌をたやすく仕上げる実力がプロを唸らせた。そのうえ、つけたての肌がずっと続く持ちのよさまで。もう言うことなし!!

【仕上がりは?】

■このコスメの詳細はこちら!

審査員も大絶賛!

「キレイな肌になれるだけでなく、明るいオーラをまとう肌という印象に。これはうれしい!」

「肌のアラがスッと消える自然なカバー力がすごい。乾燥知らずでくずれにくいフォギー肌に」

「毛穴なし、凹凸なし、くすみなし、テカリなし。磨き上げたような無敵肌がいとも簡単に手に入る」

【ベスコスってどうやって選んでいるの?】
対象商品:2017年7~12月発売のコスメすべて
審査員:55名
選考方法:2017年7~12月に発売された限定品を除くコスメを対象に、部門ごとに3品選出。ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、編集部員はスキンケア部門(10)とメイク部門(18)を審査し、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門のみを審査する。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、部門賞を決定。さらにメイク部門とスキンケア部門の中で、獲得点数が多かった上位2つのコスメが最優秀賞、優秀賞に選出される。

≪下半期ベスコス、スキンケア部門の気になる1位まとめはこちら!≫
■【超速報!】2017年下半期ベストコスメ「スキンケア部門」1位総まとめ

撮影/菊地泰久(vale./人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/岡田知子(TRON)、George、paku☆chan(ThreePEACE) スタイリング/川﨑加織 モデル/宮田聡子 取材・文/楢﨑裕美、宮下弘江、小池菜奈子 構成/鬼木朋子、与儀昇平

ベストコスメはこちらでチェック!

関連キーワード

関連記事