キャンプにたったひとつ持っていくなら by片岡千晶

キャンプにたったひとつ持っていくなら by片岡千晶

先日のお休み、静岡県富士宮市にキャンプに行って来ました。
富士山の麓なので、どこにいても目の前に富士山がドーンと構えています。
その雄大な光景に圧倒され、最初は戸惑ったほど。でも見慣れてくると、いつも守られているような、親しみを感じるように。ぜひ、また春に行きたいです。
子どもが病み上がりだったので、夜はキャンプ場の近くの宿に宿泊。いつも富士山と一緒で、清々しいパワーをたっくさん浴びました!雨上がりで空気もキリッと冷たく爽やか。
双子が2歳になり今年のGWからキャンプを始め、すっかり家族でハマっています。
最初はアメニティもたくさん持って行っていたのですが、荷物は最小限にしたくて最近はこの1本に厳選しました。
ヴェレダのスキンフードです。
あと、スキンケアの時間があったら……とシートマスクも持参します。こちらは男女ともに使えるさっぱりしたタイプを。
仲間とパックをシェアしても楽しいですよね。
天候や環境に応じて、厳しい環境下でも生育するパンジーがキープラント。ヴェレダ スキンフード 75ml ¥2592 逆にシートパックはクリームとのなじみを考慮してさっぱりタイプを。紫外線を浴びる夏は必須。アルビオンのスキコンなら、どんな肌にも対応してくれます! 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル ペーパーマスク E 8枚入 ¥3000
一晩、お風呂にもシャワーにも入らず、顔も洗わないことも。もちろんずーっと屋外なので、外気や紫外線にさらされっぱなし。そんな肌にとっては過酷な状況でも頼りになる、とにかくパワフルなクリームなんです。1本で顔にも体にも使えるし、ちょっとした赤み、カサカサなど肌トラブルも塗れば治るので、応急処置にもなります。子どもも一緒に使えるのも嬉しい。
とにかくこっくり、固めのクリーム。手で温めながらのばします。ベタベタしますが、少したてば気になりません。気持ちが落ち着くまろやかな香りも好み。
もちろんキャンプだけでなく、旅行にも、とにかく家に1本あると安心なクリーム。
カサつきで、もうどうしようもない!というときにもベタベタ塗りたくっています。
まさにお助けコスメですね(笑)
値段もお手頃なので、ぜひ試してみて下さい。
片岡 千晶

女性誌で美容担当歴7年。幼い双子を育てているため、選ぶアイテムの基準は「効率のよさ」「安心・安全」そして「癒し」。肌色は標準的なオークルで、季節の変わり目にトラブルに悩まされるゆらぎ肌。ナチュラルメイクが大好きだけど、素肌っぽさが年齢的に通用しなくなり、大人ナチュラルを模索中。

関連記事