バストアップ業界ではこのツボを押している!綺麗なバストを保つ!

バストアップ業界ではこのツボを押している!綺麗なバストを保つ!

バストアップに効果的なツボやバストが垂れないように綺麗に保つマッサージがあると聞いて調べてみました。バストサイズに自信がない方、バストは大きいけれど、年々垂れていくのが怖い方は参考にしてみてくださいね。

バストアップ業界ではこのツボを押している!

バストアップの業界で有名なツボ、それが「天渓(てんけい)」です。

体のどこにあるかというと脇下と乳首の延長線上のクロスした部分にあります(両脇にあります)。上のイラストで言うとちょうどブラジャーのカップとサイドベルトの境目にあります。押してみると少しだけ痛みを感じます。

どうしてバストアップ業界ではこの天渓を押すかと言うと、ここを押すことによって乳腺を刺激することになるからだそうです。乳腺を刺激すると脂肪が乳腺を守ろうとするので、バスト自体も大きくなるとか。授乳中のお母さんのバストが大きくなるのはホルモンの関係もありますが、赤ちゃんの食事である大切なミルクを運ぶ乳腺を脂肪で守るために大きくなるとも言われています。天渓を押すことで同じような現象が起き、女性ホルモンの分泌を増やしたり、バストアップ効果に期待できたりします。

【天渓の押し方】
親指の骨を天渓に押し当て、天渓から脇下、脇下から天渓へと上下にスライドします。一日に数回、服の上からではなく直接、肌の上で行いましょう。

綺麗なバストを保つには?

せっかく綺麗なバストを手に入れても、年齢と共に垂れてしまうのは嫌ですよね。垂れるのを予防するためにデコルテ部分の筋肉やリンパを刺激するマッサージを行いましょう。

【バストの垂れ予防マッサージ】
鎖骨と胸の間のデコルテ部分を強めに3秒間つまむだけ。デコルテ部分に沿ってまんべんなく繰り返しつまみます。表面ではなく骨に近い肉をつまむので少し痛いです。こちらも服の上からだとお肉が逃げてしまうので、直接肌をつまみましょう。一日に数回行っても大丈夫ですが、つまんだあとは赤くなるので気をつけてください。

バストを大きくし、垂れさせないためにブラジャーのつけ方にも気をつけましょう。背中から肉を持ってきて脇の肉がはみ出ないようにカップのワイヤーの中にしまうようにつけましょう。胸が持ち上がるようにストラップ部分も調節しましょう。

バストにお悩みを抱えている方はぜひ試してみてくださいね。

関連記事