敏感肌さん必見!足裏の角質を優しく取り除くフットケア方法

敏感肌さん必見!足裏の角質を優しく取り除くフットケア方法

足の裏を見るとごわごわザラザラで靴下やストッキングをすぐに伝線させてしまうという方も多いのではないでしょうか。ヤスリや軽石で削ると敏感な肌に負担がかかってしまうため、優しく足裏ケアをする方法をご紹介します。

足裏の角質ケアをしたいけど、肌が敏感だから削るのは不安…

足の裏のざらつきやごわつきは、古い角質が蓄積されていることが大きな原因です。角質ケアをする方法は、ヤスリや軽石、専用の足裏リムーバーなどを使って削ることが一般的ですが、敏感肌さんにとって角質を削るのは抵抗がありますよね。

足裏をツルツルにするには、毎日のちょっとした心がけが大切です。丁寧なお手入れで足裏に刺激を与えずにツルツル肌を目指しましょう。

ツルツルの足裏になるための優しい角質ケアって?

まず、足の裏をしっかり洗うことから始めて行きます。足の指の間は念入りに洗えていても、足裏はあまり洗えていないことが多く、どんどん角質が蓄積されてしまうため、石鹸をたっぷり泡立ててから豚毛ブラシなどを使って洗いましょう。

湯船に浸かって肌を柔らかくしてから、週に1~2回ほどスクラブケアをするのも効果的です。無理にゴシゴシせず、優しく円を描くようにマッサージしてみてくださいね。

時間があるときには、スーパーなどで売られているリンゴ酢とお湯を1:3の割合で洗面器に入れて、足を30分間つけるだけでピーリング効果が期待できます。お酢の殺菌作用により、足の臭いも気にならないはずです。

また、足裏には皮脂腺がなく乾燥しやすいため、ターンオーバーの乱れが生じて古い角質がどんどん蓄積されてしまいます。お風呂から上がったあとには、保湿力の高い化粧水をコットンにたっぷり含ませてパックをしてから、尿素入りのクリームなどで保湿をし、肌に優しい素材でできた靴下を履いて保護してあげるといいでしょう。

無理に削らなくても足裏の角質ケアができる!

足裏の角質ケアは削らないといけないイメージがありますが、毎日のお手入れ次第でごわついた角質が柔らかくなっていき、ツルツルの足裏に近づけるでしょう。
また、サイズの合わない靴や高いヒールを履いていると摩擦や圧迫により角質が厚くなってしまうので気をつけてくださいね。

関連記事