乾燥肌寄りの混合肌をお手入れするためのスキンケアポイント

乾燥肌寄りの混合肌をお手入れするためのスキンケアポイント

全体的に乾燥しているけれど、鼻の周りのテカリやTゾーンの皮脂分泌が気になるという乾燥肌寄りの混合肌。両方の肌質が入り混じっているためスキンケアが難しいと言われていますが、コツさえ掴めば混合肌とうまく付き合えるはずですよ。

全体的に乾燥していてTゾーンの皮脂分泌が多い混合肌のケアって?

乾燥肌とオイリー肌の両方が混じった混合肌の場合、目元や口周り、フェイスラインがカサカサに乾燥しやすく、鼻の周りやTゾーン周辺は皮脂でテカテカしやすい傾向があります。乾燥肌対策をメインにすると、皮脂分泌が多いTゾーンにニキビができてしまったり、オイリー肌対策をメインにするとフェイスラインや目元などが乾燥してしまいますよね。

そんな乾燥肌寄りの混合肌の方にとって欠かせないのが保湿ケア。念入りな保湿ケアで両方の肌質を優しくお手入れしてあげましょう。

保湿ケアを重視して混合肌のお手入れを!

乾燥肌寄りの混合肌の場合、皮脂を取り除くことを重視して洗浄力が高いクレンジングや洗顔料を使ったり、拭き取り化粧水やさっぱり系の化粧水をつけるだけのスキンケアではカサつきが深刻になってしまいます。

乾燥肌もオイリー肌も必要不可欠な保湿ケアですが、油分をたっぷり補うことよりも水分をたっぷり与えてあげることをポイントにして保湿ケアを進めていきましょう。

まず、洗顔をするときにはフェイスラインや口元などの乾燥が気になる部分にあらかじめコールドクリームなどの油分が多いクリームを塗っておきます。この一手間で顔全体を洗顔しても、クリームを塗っておいた部分の乾燥を防ぎ、皮脂分泌の多い部分をしっかり洗うことができますよ。ゴシゴシ洗いなどの摩擦はNGです。

洗顔を終えたと同時に化粧水を使って保湿ケアに取り掛かりましょう。化粧水はさっぱりタイプよりもしっとりタイプがおすすめです。手のひらに少しずつ取って3~4回に分けて馴染ませたあと、ハンドプレスをして肌がひんやりしたら浸透した証拠です。

皮脂分泌が多い部分に乳液やクリームをつけることに抵抗がある方も多いはずですが、潤いに蓋をしてあげるためにも乳液やクリームで油分を補うことが重要です。乾燥しやすい部分は重ねづけをして、オイリーな部分は薄くのばす程度にしておくといいでしょう。

乾燥肌とオイリー肌が入り混じった混合肌とうまく付き合おう

スキンケアが難しいと言われる混合肌ですが、洗顔前にクリームを塗っておいたり、保湿ケアに力を入れておいたりすることでバランスの良い肌づくりができるはずですよ。混合肌と向き合って正しいスキンケアをしてみてはいかがでしょうか。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事