靴下の穴は不調のサイン?穴の位置で身体の悪いところがわかる!

靴下の穴は不調のサイン?穴の位置で身体の悪いところがわかる!

靴下は消耗品。そう考える人も少なくないと思います。気がつけば、親指の先に穴が空いてしまったり、かかとが薄くボロボロになってしまったり。実は足から出ている「毒素」が原因の可能性があり、なんと穴の場所で身体の悪い部分がわかるというのです!

靴下に穴が空く原因とは?

日常茶飯事に靴下に穴が空く人は注意が必要かもしれません。というのも、内臓や体調の不調が原因のケースも考えられるからなのです。

靴下に穴が空く原因はさまざまです。靴下は足と靴の間に挟まれた時間が長いため、穴が空いてしまうほとんどの原因は「摩擦」と言えるでしょう。歩いたり、走ったり、ときにはジャンプすることだってあるでしょう。靴下にはいつもわずかながら摩擦力がかかっているのです。

こうした摩擦を繰り返すことで、徐々に靴下が薄くなり、やがて穴が空いてしまいます。

では、冒頭の体調が影響しているというケースについて見ていきましょう。

実は靴下に穴を空ける原因の一つに「足の汗」が関係しています。足は背中や額のように大粒の汗をかくことはありませんが、蒸れなどで細かい汗をかいています。

この汗によって靴下に穴が空きやすくなるのですが、この汗に含まれる微量の「アンモニア」が生地にダメージを与えて破けやすくなるケースも考えられています。

靴下の穴は雑菌の毒素が原因?不調のサイン?

さらに言えば、足に繁殖した雑菌も影響します。高温多湿になりやすい靴の中は雑菌が好む場所です。足の裏から出る汗は雑菌の餌となり、繁殖します。そしてこの雑菌が細胞の壁を溶かす「毒素」を排出すると言われているのです。

この毒素が酸性のため、これが原因で靴下に穴が空いてしまうこともあるのだそうです。

毒素と聞くと聞こえが悪いですが、ここで言う毒素はいわゆる「老廃物」。つまり身体にとっては、毒素を身体の外へ排出するので良いことなのです。デトックスによって靴下に穴が空いたと思うと、なんだか悪い気にはならないかもしれませんね。

とはいえ、毒素が出ているということは、身体に不調な部分があるということが考えられます。足は第二の心臓とも呼ばれていますので、身体の不調がある場所によって、足の裏から出てくる毒素の場所も異なるのだそうです。

つまり、穴の空いた場所からどこが不調なのか読み取ることができると言うのです。たとえば、親指部分に穴が空く人は消化器官、そしてかかとに穴ができる人は腎臓と予測できるのだとか。

体調が良くなったら、靴下に穴が空かなくなるかもしれません。よく穴が空いてしまう人は、健康管理を意識してみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事