胃腸が弱くても全然OK!大根の美肌&ダイエット効果が半端じゃない!

胃腸が弱くても全然OK!大根の美肌&ダイエット効果が半端じゃない!

冬の食卓に並ぶことも多い大根。おでんや煮物など、使い方もいろいろで美味しい冬の味覚ですが、実はその高い栄養価から、美肌やダイエット効果があることをご存知ですか?知られざる大根の魅力についてご紹介します。

美肌の味方!大根の美容効果

大根は古くから薬効として用いられることがあるほど、高い栄養価が含まれています。そしてその栄養価は、美容にも大きな効果があるものばかりなのだとか!早速その栄養素を見ていきましょう。

大根は胃腸にやさしい食材と言われています。これは大根に含まれる、消化酵素「アミラーゼ」の働きによるもので、胃腸の機能を高める効果があるのだそうです。

また「イソチオシアネート」という成分が胃液の分泌を促すため、大根は胃腸が弱い人にうってつけの食材なのです。さらに食物繊維も豊富なので、便秘解消にも効果が期待できます。

そして大根の根や葉に含まれる栄養素と言えば「ビタミンC」です。コラーゲンの生成に欠かせない美肌に必須の栄養素で、お肌にハリを与えます。また抗酸化作用の働きにより、シミやシワの予防にも効果が期待できるでしょう。

ちなみに大根の葉には、ほかにも糖質をエネルギーに変えるビタミンB1や、肌荒れを防止するビタミンB2など、美容効果がある栄養素が多く含まれています。

大根のダイエット効果とおすすめの食べ方

続いて、大根のダイエット効果について見ていきましょう。

大根に含まれる酵素「アミラーゼ」には、炭水化物の消化を早める効果があり、代謝を上げて脂肪の蓄積を抑える働きがあると言われています。また、大根に含まれるカリウムは、体内の余分な塩分を排出する働きがあり、むくみ解消にも効果的なのだそう。

ただ、これらの消化酵素や前述の美肌の栄養素ビタミンCは、熱に弱い性質を持っています。そのため、火を通さずに摂取することで、大根の美容効果を効率的に得ることができます。なかでもおすすめの食べ方は大根おろしです。

大根おろしを作るときは、皮ごとすりおろすのがポイントです。これは大根の皮と身の間にビタミンCが多く含まれているためです。また、捨ててしまいがちな大根おろしの汁にも消化酵素が含まれていますので、飲むことでダイエット効果があると言われています。

ただし、大根は食べすぎると、かえって酵素が胃腸に負担をかけることがあるそうなので、1日300gという摂取量を守りましょう。

大根ダイエットで冬美人を目指してみてはいかがでしょうか?

関連記事