永久保存版|冷え性を解消する使い捨てカイロの正しい貼り方はコレ!

永久保存版|冷え性を解消する使い捨てカイロの正しい貼り方はコレ!

冬の厳しい寒さに欠かせない防寒アイテム、使い捨てカイロ!冷え性の女性であれば必ずと言っていいほど持ち歩いている方が多いと思いますが、実は貼り方次第で温め効果が何倍も変わってくることをご存知でしょうか?

冷え性を解消する使い捨てカイロの正しい貼り方

効率よく体を温めるカイロの正しい貼り方についてご紹介します。

1.【肩甲骨】背中〜肩甲骨の間には内臓の神経が集まっているため、この部分に使い捨てカイロを貼ることで血液の循環が良くなり、体全体に熱が行き渡りやすいほか、胃腸の働きも活発化するのでダイエットにも良いと言われています。

2.【足の裏】足の裏もおすすめパーツの一つです。なぜ足の裏が良いかと言うと、身体を巡る血液の約7割は下半身に集中しているため足先が冷えて血行が悪くなってしまうと全身に悪い影響が出やすいからです。最近では足の裏のカイロも販売されているのでそれらのアイテムを使って貼るようにしましょう。

3.【首】首を上から触っていくと背中に差し掛かるところに骨が少し出っ張っている部分があるかと思います。その部分には身体を温めるツボがありますのでカイロを貼ることで冷え性を改善する効果に期待できます。

<POINT>ご存知の方が多いと思いますが、カイロを直に貼ってしまうと低温火傷を引き起こす可能性があります。肌着や腹巻きなど必ず衣類の上から貼るようにしましょう。

使い捨てカイロの意外な裏技とは!?

カイロは消耗品である分、毎日のように使っていると意外にお金がかかってしまうもの。実はある裏技を使うことで長持ちさせることができると言われているんです!

<使い捨てカイロの意外な裏技 〜長持ちさせる方法〜>
発熱中のカイロをジップ付きのビニール袋に入れ、出来るだけ空気を抜くようにして封をします。カイロは空気に触れることで発熱する仕組みになっているため、空気に触れないよう工夫すれば使用を一時中断出来ると言われています。そのため、朝の通勤中に使用した後すぐにジップ付きのビニール袋入れておけば帰りも温かいまま使うことができるはずなので節約にも繋がるでしょう。

いかがでしたか?普段ひどい冷え性に悩まされているという方は厳しい冬の季節を賢く乗り越えていきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事