リンゴみたいで恥ずかしい!冬の赤ら顔の原因や正しい対策について

リンゴみたいで恥ずかしい!冬の赤ら顔の原因や正しい対策について

冬になると引き起こしやすい赤ら顔…。あまりにも症状がひどいと周囲の目線が気になってしまうものですよね。冬の赤ら顏の原因は一体何なのでしょうか?予防・改善方法と合わせて一つずつチェックしていきましょう!

冬の赤ら顔の原因は?

赤ら顔とは炎症が起きて皮膚が薄くなっている状態を言います。悪化してしまうと血液が浮き出て見えたり、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性も!予防対策の一つとして赤ら顏の原因について見ておきましょう。

1.【古い化粧品によるかぶれ】汚れたメイクブラシ、パフの使用も原因として考えられると言われています。最低でも週に1度は手洗いするよう心がけましょう。
2.【保湿不足・洗顔が雑】肌をゴシゴシこするように洗ったり、保湿ケアを怠っていると赤ら顏になりやすいです。
3.【外的な刺激】キメの荒いブラシの使用・手で引っ掻くなどの刺激は赤ら顏以外にも様々な肌トラブルを起こしやすいので控えるようにしましょう。

<POINT>冬場の乾燥も赤ら顏の原因の一つですが、乾燥からお肌を守るためにはマスクの着用が良いと言われています。ただ、サイズが合わないマスクだと摩擦による刺激を与えてしまうので顔のサイズが合っているものを使用すると同時に通気性の良い不織布マスクを活用することをおすすめします。

赤ら顏の正しい対策とは?

赤ら顏を治すには、なんといっても保湿ケアを重視することが大切なポイントです。時間がないからと化粧水だけで済ませずに化粧水・乳液・美容液・クリームを使ってしっかり保湿をしてあげてください。

また、日々の食事内容を見直し内側からのケアも同時に実践していきましょう。バランスの良い食生活を送るには出来るだけ自炊を行うと良いのですが、忘年会など外食が続いた際はサプリメントから美容成分を補給してあげることをおすすめします。

いかがでしたか?赤ら顏を改善する漢方薬などもあると言われているので、セルフケアだけでなかなか治らない場合はお近くの病院の医師や薬剤師の方に相談するようにしてくださいね!
関連キーワード

関連記事