〇〇仕込みで唇のくすみ対策!リップをきれいに発色させる美容ライターのテクとは?

〇〇仕込みで唇のくすみ対策!リップをきれいに発色させる美容ライターのテクとは?

冬本番になると、気になってくるのが顔のくすみ感。寒さや疲れで血行が悪くなったからか、肌の透明感不足を感じている人も多いのでは? 肌はもちろんですが、実は意外とくすみが気になっているのが「唇」。そこで今回は唇のくすみをカバーして、リップの発色を良くする方法をご紹介します。

唇のくすみ対策には、オレンジリップがお役立ち!

思った通りにリップが発色しないのは、素の唇のくすみが原因かもしれません。そんな時におすすめしたいのが、リップメイクの前にオレンジ色のリップを仕込むこと。オレンジは肌のお疲れ感やくすみを払拭して健康的に見せてくれるカラーなので、リップ下地として塗っておくと、後から塗るリップの発色をアップさせてくれるんです♪

一口にオレンジ色といっても様々な色味がありますが、リップ下地として使用するなら赤みのあるタイプを選ぶと◎。唇に自然な血色感をプラスすることができますよ。

<くすみ対策リップのやり方>

1. 赤みのあるオレンジリップを唇全体に塗ったら、上下唇を軽く擦り合わせてリップがムラなく行き渡るようにする。

あくまで血色感アップのために使うので、色が出過ぎないよう、1度塗りでOKです。またリップを横ではなく、縦に塗り込むのもポイント! これにより縦ジワもカバーしてくれますよ。

2. 1の上から、お好みのリップを重ね塗りする。

完成~!

左:before、右:after

左は赤リップだけを塗り、右は下地としてオレンジリップを仕込んだ状態。冷え性で寒がりの筆者。唇も血色が悪いため、1色塗りではせっかくの大人っぽい赤みを生かしきれていません。唇が暗く、顔色が沈んだように見えますが、オレンジリップを仕込んだことで赤リップが明るく発色しているのがわかりますよね!

簡単なのに効果は絶大! トレンドの濃い色リップや、くすみ系リップはかわいいけど、実際につけると顔色が悪く見える......という人は、ぜひ試してみてくださいね。

【使用商品】
仕込みリップ:マキアージュドラマティックルージュP OR414
仕上げリップ:マキアージュドラマティックルージュP RD366

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事