乾燥肌さんはセラミドが入った食べ物で乾燥対策をしてみよう!

乾燥肌さんはセラミドが入った食べ物で乾燥対策をしてみよう!

これからさらに寒くなってくると、肌の乾燥が深刻になってしまいがち。スキンケアだけでは保湿力が物足りないという乾燥肌さんは、セラミドがたっぷり含まれた食材を毎日取り入れてインナーケアをしてあげましょう。

スキンケアでは改善されない乾燥肌をなんとかしたい!

保湿効果の高い基礎化粧品を念入りに使っても、なんだか肌が乾燥している気がする…と悩んでいる方は、インナーケアに力を入れてみませんか?

身体や肌を作るために欠かせない食事を見直して、体調を整えることで肌の機能が高まり、結果的に乾燥しにくい肌に近づけると言われているのです。

乾燥肌さんにはセラミドが含まれた食材がおすすめ

外食が多い方や偏った食生活、ファストフード中心の食事をしていると、肌のバリア機能が低下してあらゆる肌トラブルを引き起こすでしょう。バランスのよい食事を取り入れることで、身体の内側から乾燥肌対策をすることができますよ。

乾燥しにくい肌に近づくためには、セラミドやビタミン類、コラーゲンやタンパク質をバランスよく取り入れることが重要です。特にセラミドが不足していると、角質の細胞と細胞の間に存在する細胞間脂質が崩れてしまい、潤いや水分を保つことが難しくなると言われています。

セラミドは化粧品に入っているイメージが強いですが、セラミド含有量が多い食材も存在するため、スキンケアだけでなく身体の中からもセラミドを与えてあげましょう。

セラミドが多く含まれている食材は、あずき、大豆、黒豆、ひじき、小麦、ヨーグルト、ほうれん草、こんにゃく芋など。中でもこんにゃく芋は、小麦の約15倍ものセラミドが含まれているため、効率的にセラミドを摂取したい方におすすめです。

また、1日に必要とされるセラミドの量は、約600マイクログラムとも言われており、かなりの量が必要になるため食材だけでは上手く補いきれない可能性があります。毎日セラミドを食材から取り入れるのが難しい方は、セラミド含有量の多いサプリメントを摂取してみてくださいね。

セラミドで身体の中から乾燥対策を!

セラミドは肌の水分を保つ重要な役割があり、不足しているとカサカサの乾燥肌になってしまいます。セラミドを身体の中から補って、健やかな肌とみずみずしい肌を保ってみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事