SNSで話題沸騰!ヘアケアの「リバースケア」って何?どうやるの?

SNSで話題沸騰!ヘアケアの「リバースケア」って何?どうやるの?

癖っ毛でも髪の毛が柔らかくツヤツヤになり、天使の輪も夢ではないヘアケア「リバースケア」が今、SNSで話題になっています。手持ちの洗い流さないトリートメントやコンディショナーで出来るケアなので、ぜひ試してみてください!

ヘアケアの「リバースケア」って何?

美髪アドバイザーの田村マナさんが行なっているということで、SNSで試した人たちが「本当にサラサラになった!」と評判になっている「リバースケア」。一体どういうものなのでしょうか?

「リバースケア」とは、シャンプーの前にオイルやトリートメントを行う、普段のヘアケアとは全く逆の発想によるケア方法。シャンプー前にオイルやトリートメントを湿布することで摩擦も防ぐことが出来るそうです。

実際行なった人たちから「指通りが良くなって天使の輪っかが出来た」「ツルツルでなおかつ髪の毛が軽い」「適当に手ぐしをしても天使の輪っかが出来る」と評判とか。

必要なものはブラシ、椿油などのヘアケア用のオイル、コンディショナー、シャンプーなので手持ちのものでも出来ます。最近はリバースケア専用のものも販売されているので、まずは手持ちのもので試してみて、良かったらそちらを購入しても良いですね。

リバースケアはどうやるの?

1.ブラシで毛先をとかし、頭皮は最後にブラッシング
髪の絡まりや汚れを落としておくことで、次のステップのオイルが綺麗に浸透します。豚毛などの目の細かいブラシを使うと良いそうです。

2.オイルをつける
乾いたままの髪に椿油などのヘアオイルを毛先やごわつき、乾燥が気になるところに重点的につけ、全体になじませる。乾いたタオルを頭に巻き、10〜20分待ちます。

3.トリートメントをつける
オイルがついた髪にトリートメントをつけます。トリートメントがオイルを中和させ、シャンプーをした後の洗い残しを防ぎます。

4.軽く洗い流す
38〜40℃のお湯で頭皮に指を通しながら軽く洗います。完全に流し切るよりも、少しオイルが残っているくらいの方がシャンプーの時、摩擦や絡まりを防げます。

5.地肌を中心にシャンプーをする
シャンプーを手のひらで泡立てて、下から上に向かって洗います。地肌を中心に丁寧に洗い、頭皮にベタつきが残らないように洗い流します。

6.トリートメントをする
3の時に使ったものと同じで大丈夫です。湿布して蒸しタオルで包み5分ほど経ったら洗い流してください。

最後にドライヤーで乾かして終了です。
ぜひ気になる方は試してみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事