乾燥していても角栓が詰まるのはなぜ?医師直伝、冬の正しい毛穴対策

乾燥していても角栓が詰まるのはなぜ?医師直伝、冬の正しい毛穴対策

ザラつきや黒ずみ、角栓などができやすいのは、皮脂や汗がたくさん出る夏だけだと思っていませんか? 実は乾燥するこの時期も角栓は溜まるため、毛穴ケアは必要。とはいえ、毛穴が目立つ原因は季節によって変化するので、夏と同じ方法ではダメな場合も。そこで、美容皮膚科シロノクリニック池袋院の後藤瞳先生に、冬におすすめの毛穴対策を教えてもらいました。

冬の毛穴詰まり。原因は「乾燥」だった

毛穴が詰まってしまうのは、過剰な皮脂分泌が原因です。冬は良好な肌なら基本的に皮脂分泌は減ります。しかし肌の乾燥が強まると、それを補おうとして皮脂分泌が増えます。その肌のメカニズムが冬でも角栓ができてしまう原因。そのため肌は乾燥しているのに角栓ができてしまうことに。また、保湿が足りないと皮膚のターンオーバーが乱れ、角質が溜まり角層が厚くなってしまいます。すると毛穴の出口が狭くなり、毛穴が詰まりやすくなります。つまり冬の毛穴詰まりは、乾燥や保湿不足が主な原因となります。

皮膚科医がすすめる冬の毛穴ケアはこれ!

しっかり保湿して乾燥を予防することで過剰な皮脂分泌を防ぎ、皮膚のターンオーバーを正常にして角質が溜まるのを防ぐことが重要です。収れん化粧水などは毛穴が開きやすい夏には◎ですが、この時期は毛穴の汚れを溶かし出すようなケアを取り入れるのがおすすめ。また、角栓を引っこ抜くタイプのパックを使用すると、結果的に毛穴が広がってしまうこともあるので注意してください。

冬でも毛穴の詰まりが気になるのであれば、それは保湿が足りていない証拠。まずはスキンケアでしっかり肌にうるおいを与え、乾燥させないように気をつけましょう。

お話を伺ったのは...
シロノクリニック 
最先端・最高峰・最善最適のレーザー治療・アンチエイジング専門のクリニック。内科・外科・麻酔科など、さまざまなバックブランドを持つ医師たちが、健康的に若さを維持していきたい、美しく年を重ねていきたい患者さまをサポートします。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事