迫る更年期!40代から激減する女性ホルモンと体の変化とは?

迫る更年期!40代から激減する女性ホルモンと体の変化とは?

私たちにとって女性ホルモンは欠かせないもの。美しさを保つのはもちろん、健康にとってもとても大切なものです。ところが40代に突入すると女性ホルモンの分泌量は激減します。更年期が迫るなか、それに伴う体の変化と対策について見ていきましょう。

もうすぐ更年期?40代の女性ホルモンの影響とは?

女性の健康や美容には、女性ホルモンが大きく影響します。20代や30代にくらべると、これまで弾力のあったお肌は、40代にもなれば確実に老化が進んでいます。

思春期から更年期まで、女性ホルモンによる身体のターニングポイントが存在します。

10代の頃、初潮を迎えて女性としての機能が徐々に整い出す時期は、ニキビなどで悩んだ人も多いと思いますが、これも女性ホルモンの影響だと考えられています。

30歳頃には女性ホルモンの分泌量はピークを超え、35歳頃から卵巣機能が衰え始めます。40代になるとシミやくすみ、たるみなどの老化現象が如実に現れ、女性ホルモンの分泌も大きく減少します。それに伴って自律神経のバランスが崩れやすくなり更年期へと突入するのです。

更年期とは、おおよそ閉経前後のおよそ10年間を指します。個人差はありますが、女性ホルモンが急激に減少する45歳頃から、50代半ば頃の期間になります。

ホルモンバランスが崩れるため、生理周期が不順になったり、自律神経のバランスが乱れて不眠や肩こり、イライラや不安といったさまざまな症状が見られる人もいます。

いつまでも若々しくいたい!40代の美容対策とは?

体型の変化が大きいのもこの40代頃からです。女性ホルモンのみならず、基礎代謝量も落ちているので、お腹周りやお尻に脂肪が溜まりやすくなります。

食事制限だけでは体型維持の効果は難しいと言われていますので、できるだけ運動をして筋力アップで基礎代謝量を増やすとよいでしょう。

40代のお肌のケアは20代、30代とは別物と考えたほうがよいでしょう。全身が乾燥しやすくなっているため、保湿は当然、油分の補給も忘れずにしたいところです。レチノイン酸やビタミンCが配合された化粧品などを使用すると効果的です。

20代の頃は多少不規則な生活をしても、すぐにはお肌に現れませんが、40代はその1回が大きいダメージになりかねません。睡眠とバランスのよい食事、運動で、これまで以上に体の中から美しくなることがとても大切です。

更年期の症状がつらい人は、ホルモン治療や漢方療法なども効果的です。自身に合うエイジングケアで、美しく健康な40代を過ごしましょう!

関連記事