ささくれは肌トラブルの前兆だった?指先から栄養不足のお知らせです

ささくれは肌トラブルの前兆だった?指先から栄養不足のお知らせです

乾燥する冬にできやすい指先のささくれ。ちょっとしたささくれでもニットなどに引っ掛けてしまったり、厄介な存在ですよね。ささくれは栄養不足でできることから、健康状態を見直すきっかけにもなると言われています。詳しく見て行きましょう。

ささくれは栄養不足が原因で起きる?

ささくれができる原因のひとつに栄養不足があげられます。皮膚はたくさんの栄養素が組み合わさって健康な状態を保っています。ささくれができているということは栄養バランスが悪いというサインでもあるのです。

なかでもビタミンの不足が目立つとささくれはできやすいです。皮膚や粘膜の健康を維持するビタミンAや、皮脂の分泌量を調整してくれるビタミンB2、皮膚障害の予防に有効なビタミンB6、そして抗酸化作用に加え血液の循環を促し栄養素を届きやすくするビタミンE、さらに肌のハリとツヤを与えるビタミンCなど。

ほかにも、肌の代謝を促すミネラルや、皮膚の構成に欠かせないタンパク質など皮膚にはさまざまな栄養素が必要とされています。

ささくれが知らせる身体の状態とは?

ささくれは身体からのメッセージでもあります。血行不良や体調不良もささくれの原因と考えられていますので、ささくれができるということは何かしら健康状態に問題があるケースが考えられるのです。

前述の栄養素が不足しているのであれば、後々ほかのお肌に影響が出始めるかもしれません。栄養素の影響は、すぐにお肌の表面には出てきませんが、やがて蓄積されて出てきた頃にはケアするのが大変な状態になります。

その点、ささくれはすぐに表面化しますので、ささくれができた時点で直近の生活習慣を見直してみましょう。偏った食生活や不規則な生活、運動不足など、思い当たる節はないか。早めにケアできればシワやたるみなどの、お肌への影響を最小限に留めることができるかもしれません。

ささくれを治すには栄養バランスのとれた食事はもちろん、指先の乾燥が原因の場合もありますので、十分な保湿も心がけましょう。

ささくれを侮ってはいけません。指先にできてしまったときは身に覚えがないか振り返ってみてください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事