水クレンジングってどうなの…?正しい使い方でクリアな肌に

水クレンジングってどうなの…?正しい使い方でクリアな肌に

メイクを落とすのが面倒なとき、コットンに含ませて軽く顔を拭うだけでメイクを落とせる便利な水クレンジング。でも、なぜ水なのにメイクを落とせるのか疑問ではありませんか?水クレンジングの仕組みと正しい使い方をご紹介します。

水クレンジングがウォータープルーフなどの濃いメイクを落とせる秘密

クレンジングは顔をマッサージするようにくるくるとメイクを浮かせ、洗い流してから再び洗顔をするため、忙しいときには面倒になりがち。ですが、コットンに含ませて滑らせるだけでメイクが簡単に落ち、水や洗顔料などで洗い流す必要がない水クレンジングは忙しいときの救世主ですよね。

水クレンジングをコットンにつけて撫でるように拭うだけなのに、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーなどをスルッと落とせるのはなぜなのでしょうか?

その理由は、水クレンジングに含まれた界面活性剤にあります。元々水クレンジングの主成分はその名の通り水ですが、界面活性剤が多く含まれているため、化粧品の油分をサッと落とすことができるのです。

水クレンジングはウォーターベースなのでマツエクをつけている方にも使えたり、洗い流す必要がないのにさっぱりとした仕上がりが特徴。オイルクレンジングやミルククレンジング、クリームクレンジングなどは、手のひらでメイクを浮かせてぬるま湯で洗い流さなくてはいけないため、2~3分ほどかかってしまいますが、水クレンジングなら30~60秒でメイクを落とせるので時間短縮にもつながりますよね。

水クレンジングは正しく使わないと肌を傷める原因に!?

便利な水クレンジングですが、使い方を間違えると肌に摩擦が加わり、乾燥を招いたり色素沈着を引き起こす場合があります。そのため、正しい使い方をしていくことが大切ですよ。

まず、柔らかくて毛羽立ちにくいコットンを用意しておきます。オイルクレンジングなどを使うときには手のひらを使いますが、水クレンジングは手のひらでは落とすことができないため、肌に優しい素材でできているコットン選びが重要なのです。毛羽立ちやすいものを使うと肌に引っかかって傷がついてしまうため、なるべく毛羽立ちにくいコットンを選びましょう。

ポイントはコットンがひたひたになるくらい水クレンジングを含ませて、何十秒かメイクとなじませたあと、コットンの縦の線維に沿うように一方向に優しく滑らせること。ここで左右上下に擦ってしまうと想像以上の摩擦が加わってしまうので気をつけてくださいね。アイメイクやリップメイクはあらかじめポイントリムーバーで落としておくことをおすすめします。

便利な水クレンジングで快適な時短美容を

水クレンジングは拭き取るだけでメイクを落とせてベタつかないので一度使うとやみつきになってしまうはず。コットン選びを慎重に行い、正しい使い方でクリアな肌を手に入れてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事