春新色を吟味してみました! 1品、手持ちのコスメにプラスするなら?

春新色を吟味してみました! 1品、手持ちのコスメにプラスするなら?

こんにちは、ビューティエディターの長田和歌子です。とうとう師走に突入しましたね。なんだか気忙しい日々になって参りましたが、今回は気分が上がる春新色を厳選してお届け致します! ぜひ発売までの期間、頭を悩ませていただければと思います。
1 唇が染まる、新感覚のリップパレット
プードゥル ア レーヴル 410 ¥4400(税抜/1月5日限定発売)問い合わせ先/シャネル
なんといっても、来春の目玉はこちらのシャネルのリップパレットではないかと思います。艶やかな質感が全盛だったのですが、徐々にマット方向に移行しており、春の口元はマットめなモノが多く登場します。なかでも、注目なのがこちらなのです! 左のバームを唇にのせてから、右のパウダーで色をのせるという、新発想のパレット。マットな質感なのに、じゅわっと生っぽい仕上がりになるうえ、乾かない!! (mi-mollet世代にはココ重要です!)今っぽい雰囲気が纏えながら、唇にも優しい質感なのです。相変わらず口元は淡いトーンというよりはしっかり発色が来春のトレンドとして続きそうなので、ぜひ試してみていただきたい1品です。
2 リップの型をした練りチーク
チーク スティック 18 ¥2800(税抜/1月5日発売)問い合わせ先/アディクション
このリップ型のチーク、じつはとっても大好きで(笑)。なぜかとういと、艶感があって、ものすごく自然な発色で肌にスッと溶け込んでくれるんです。しかもテクなしで! 頬に直塗りして、なじませるだけなのでとっても簡単なのです!! この赤みベージュのカラーが絶妙で、一目惚れしました♡ 血色を与えてくれて、ほかのメイクの色(アイシャドウやリップ)を邪魔しないんです。肌の血色だけが上がる感じ。しかも、このチーク、アイシャドウやリップとしても使える3 in 1。ポーチにも入れて携帯しやすいのも大きなポイントです。
健康的な肌の血色感といった仕上がりに。
3 超極細のブラシつきリキッドアイライナー
キッカ リキッドアイライナー W (上から)EX01、01 各¥4500(税抜/1月17日発売〈EX01のみ限定発売〉)問い合わせ先/カネボウ化粧品
リキッドラインが苦手な人にほど使って欲しい、Wエンドのアイライナー。左側は通常のブラシなのですが、右側が短く、細く、とってもミニマム! 極細なリキッドライナーはままあると思うのですが、短いのは少ないんじゃないかと思います。安定感があって、とても描きやすいのです♡ 私は、リキッドライナーが苦手なので(苦笑)、もっぱら右側ばかりでラインを引いています。また、下は定番カラーとなるナチュラルなブラックなのですが、上の限定色が赤みのあるブラウンブラックで、透け感もあり、なんともいえないニュアンスがいい味を出しています。発色はこんな感じです(下の写真を参照)。女性らしい、やわらかい目元になるので、春の気分にも合うんじゃないかなと思います。
左が左側のブラシで引いたラインで、右が右側で引いたラインです。
4 敏感肌に優しい、極上の練りアイシャドウ
ミネラルアイバーム モカブラウン ¥2500(1月25日発売)問い合わせ先/エトヴォス
どうして敏感肌の目元に優しいのかというと、美容クリームをベースにしているからなのです! 春は季節の変わり目で敏感になる方も多いんじゃないかと思います。練りタイプはみずみずしい質感ほど、防腐剤が入っていることがあります。これは製品づくりの上で仕方のないことなのですが、敏感になっていると、目元は特に皮膚が薄いので、この防腐剤の影響で肌荒れしてしまうことがありまして…。なので、春ほど気をつけないと、と私自身思っています。そんな敏感肌の私でも躊躇なく使えるのがコチラなのです! 保湿成分だけでなく、かゆみを抑える成分や肌を潤しながらハリを出す成分なども入っていて、敏感肌にとっては至れり尽くせり。また、色や質感的にも、天然ミネラルの繊細なパールが嫌みなく、自然な立体感を演出してくれるので、単色で使ってもいいですし、アイシャドウのベースにしても、アイシャドウのモチがよくなります。口元をマットめにする場合は、目元は艶やかに仕上げるとバランスがとりやすくなりますよ!
目元の立体感がひと塗りで出るので、時短メイクにもなります。
5 大人の煌びやかな、でもシックな目元が完成!
デザイニング カラー アイズ 09 ¥6800(税抜/1月19日発売)問い合わせ先/SUQQU
来春のアイシャドウで水色を何度か見かけました。トレンドカラーの1つのようです。SUQQUのアイシャドウパレットは、とても質感がしっとりとして、まぶたに心地よくフィットしてくれる、さすがは大人仕様な上質な感触です。春新色は、水色にカーキ、ブラウン、そして煌めき感がプラスできるように。この水色、水色には見えますが、発色はほとんどしません。肌に透明感がのる…そんな感じです。そこにニュートラルなブラウン、カーキを重ねていくと、今までにない軽やかなんだけれど、しっかり目元の印象がある、そんな仕上がりになります。右上のシルバーのグリッターは気分でのせたり、のせなかったりもできるので、オンオフで使い分けてもいいと思いますが、とても品のよい輝き感なので、オンの日につけても違和感はまったくありません! 私は使ったほうが好みなので、目元をチラチラと繊細に輝かせながら、闊歩しています(笑)。

まだまだ春新色の一部ではありますが、皆さんのご参考になれば幸いです! 発売日よりも前に予約受付をしているブランドもありますので、ぜひお早めにチェックしてみてくださいね。まだまだ寒くて春は遠いのですが、ぜひ気分だけでも春新色で上げて、寒さを吹き飛ばしてください!!
ビューティエディター 長田和歌子
アトピーがあってスキンケアに興味を抱くようになり、仕事として美容ジャンルを選択した過去を持つ。オーガニックコスメ、敏感肌用コスメにはうるさい。主宰する「B/B.CAFÉ」にてスキンケアLESSONなども行っている。

関連記事