新年会シーズン前に知っておきたい!美容にいいお酒の楽しみ方

新年会シーズン前に知っておきたい!美容にいいお酒の楽しみ方

これから新年会シーズンがやってきますが、毎年お酒を飲みすぎて顔がパンパンになったり脚がむくんだり…など失敗した経験はありませんか?ちょっとした心がけにより美容にいいお酒の飲み方をすることができますよ。

美容・美肌にいいお酒の飲み方ってあるの?

年明けは新年会シーズンに突入するため、お酒を飲む機会がさらに増えてきますよね。お酒を飲むときにある工夫をするだけで、美容・美肌効果を手に入れることができるはず!

まず、お酒を飲むペースを見直してみましょう。おいしくてうっかり一気飲みしてしまいがちですが、一瞬で体内にアルコールが入り込み、アルコールを分解する肝臓の代謝が追いつかないため危険です。少しずつ様子を見ながら無理をしない程度にゆっくりお酒を飲みましょう。

美容にいいおつまみとアルコール摂取後の飲み物がポイント

アルコールを分解する働きがある肝臓は、ホルモンバランスを整えて維持したり、ビタミンを蓄えたり、美容に欠かせない役割をしてくれる部分です。美肌を保つには肝臓が正常に働いていることが大切だと言われています。

空腹のままお酒を飲むとすぐに小腸で吸収されてしまい悪酔いにつながってしまう場合があるため、おつまみを食べている方も多いはず。辛いものやしょっぱいものを食べたくなりますが、美容のためにもアセトアルデヒドを分解する酵素を活性化させるブロッコリーやカリフラワー、キャベツなどの野菜を摂るといいでしょう。そのほかにも、アルコール分解を促すトマトジュースを飲酒の前に飲んでおくことで、アルコールを飲んだときに発生する肝臓の活性酸素を取り除いてくれるとも言われています。

お酒を飲んだあとは、脱水症状に落ち入りやすいのでたっぷりの水分補給が欠かせません。お湯やミネラルウォーター、スポーツドリンクや蜂蜜を入れた生姜湯などがおすすめです。水分をしっかりとっておくことで、頭痛などの二日酔いを軽減することもできるでしょう。

肝臓の働きを高めて美容にいいお酒の楽しみ方を

肝臓がしっかり働いてくれることで、結果的に美容・美肌ケアにつながります。野菜中心のおつまみとお酒を飲んだあとの水分補給で新年会シーズンを楽しく乗り切ってみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事