脱!着膨れボディ!上半身の痩せ見えを叶える簡単エクササイズ

脱!着膨れボディ!上半身の痩せ見えを叶える簡単エクササイズ

こんにちは! モデルボディメイクトレーナーの佐久間健一です。
厚手のニットやモコモコのアウターが手放せない季節。そんな時に気になるのが、着膨れ&着太りではないでしょうか。今回は、そんな悩みを払拭する、上半身の華奢見せを叶えるエクササイズのご紹介です。

埋もれた鎖骨を掘り起こして、上半身を華奢に見せよう

上半身を華奢に見せるには、鎖骨周りのシルエットが重要です。冬場は寒さで姿勢が丸くなり、鎖骨は埋もれやすくなっています。一方で、鎖骨は身体の中でも最も皮膚が薄い部分。正しい方法でボディメイクすれば、確実にくっきりとした鎖骨を作ることができる部分でもあります。それではさっそく、埋もれた鎖骨を掘り起こすエクササイズにチャレンジしましょう!

エクササイズHOWTO

1. 仰向けになり両ひざを曲げます。両手に1つずつ500ミリリットルのペットボトルを順手で持ち、腕を天井に向かって伸ばします。※順手とは、手の甲を上にして上から握る握り方です
2. 順手をキープしたまま、胸を引き上げるイメージで両腕を開き、1の姿勢に戻します。1~2を15回目安に行いましょう。

身体の構造上、順手をキープしないと胸を張りすぎる体勢となり、かえって上半身の厚みが強調されてしまうので要注意! 

着膨れ&着太りして見えがちな季節こそ、鎖骨を見せるファッションを取り入れて。そして埋もれた鎖骨を掘り起こして、上半身を華奢見せしてみてくださいね。

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事