お肌のシワとハリ、どっちを選ぶ?見た目年齢の優先はこっちだった!

お肌のシワとハリ、どっちを選ぶ?見た目年齢の優先はこっちだった!

年齢とともに気になるお肌のシワやハリ。30代から40代の見た目年齢を左右する2つですが、シワがあってもハリがあれば若く見えるのか。ハリがなくてもシワがなければ若く見えるのか。見た目年齢の優先は果たしてどちらなのでしょうか?

シワとハリ、見た目年齢に最も影響するのは?

30代にもなると、お肌の悩みは絶えないものですが、なかでもシワとハリは見た目年齢にも大きく影響するため、意識的に優先して対処する人も多いと思います。

実は見た目年齢で最も大きいのは肌のハリだと考えられています。ハリがなくなるとたるみの原因につながることから、見た目年齢を優先して対処すべきはお肌のハリと言えるでしょう。

ハリとは、つまりお肌の弾力を指しますが、この弾力がなくなってしまうと笑ったときのシワが戻らなくなったり、毛穴が開いた状態のままになったりとさまざまな肌トラブルを引き起こします。

お肌のハリを出すにはエラスチンの働きがとても大切です。お肌を支えるコラーゲンとともに、エラスチンはお肌に弾力を与えるバネの働きとしてお肌のハリには欠かせません。

見た目年齢を若くしよう!お肌にハリを与えるには?

お肌のハリや弾力に大切なエラスチンやコラーゲンは「線維芽細胞」の働きによって、生成や分解を繰り返しています。

この線維芽細胞の働きは加齢によって衰えていき、新たに生成されるエラスチンやコラーゲンの機能が低下して、徐々にお肌のハリが失われると考えられています。

また加齢のほかにも、線維芽細胞は紫外線やストレスが原因で衰えてしまいます。活性酸素がお肌の内部に蓄積されて弾力を失い、ゴワゴワとしたお肌になってしまいます。

これらの対策として、冬でも紫外線対策はとても大切です。また皮脂の分泌量が低下してしまうとお肌の乾燥につながります。セラミド配合の化粧水などで肌のバリア機能を高める対策が効果的です。

そしてハリ美容液を活用することもおすすめです。エラスチンやコラーゲンの分解を抑える働きがあることから、お肌の弾力を保つ効果が期待できそうです。ただし、化粧水や美容液はあくまでエラスチンやコラーゲンに働きかけるものなので、補えるわけではありません。

となると、やはり内側からのケアも重要ですね。エラスチンの含有量が多い食品は肉類で、なかでも牛すじや軟骨、手羽先、さらに小魚にも含まれているので、いわしやしらすを食べるのもおすすめです。サプリメントなどで補うのも良いですね。

見た目年齢を若くするなら、まずはハリ!潤いと弾力のあるお肌で、若さを取り戻しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事