太る原因は睡眠不足だった!睡眠力を身につけて痩せ体質になろう!

太る原因は睡眠不足だった!睡眠力を身につけて痩せ体質になろう!

みなさんは毎日ぐっすり眠れていますか?仕事で残業が続いたり、遅くまで動画を見て夜更かししたり。そんな生活を続けているとだんだん太りやすい体質になってしまいますよ!睡眠が大きく影響している「痩せられない体」について見ていきましょう。

睡眠不足が太る体質に?ホルモンへの影響とは

夜更かししている時間は、本来寝ている時間なので食べるはずのなかったものを食べてしまうことで、太るということもありますが、実は、成長ホルモンも影響しているといわれています。

この成長ホルモンは、ダイエットにとってはとても重要なホルモンと言われています。

睡眠時に分泌される成長ホルモンは、代謝を上げて、食事で得たエネルギーを効率的に消費します。しかし、きちんと睡眠が取れていないと、この成長ホルモンが十分に分泌されずに、エネルギー消費が効率的に行われないと考えられています。

同時に、睡眠不足は食欲に関わる「レプチン」と「グレリン」という2つのホルモンにも影響を与えます。

レプチンは食欲を抑えるホルモンと言われていて、十分な睡眠が取れていないと分泌量が減少します。そのため、食欲の抑制が効かなくなったり、満腹中枢が働かずに食べ過ぎてしまったりするのだとか。

一方、グレリンは、食欲を高めて成長ホルモンの分泌を刺激する作用があります。このグレリンは、睡眠の質が悪くなることで分泌が増えていき、その結果、食欲が増えて太りやすい体質になるのだそうです。

睡眠で痩せ体質を作るにはどうすればいいの?

寝ているときのホルモンを効果的に作用させるなら、就寝前はハーブティーなどでできるだけリラックスして、自律神経の「副交感神経」を優位にして眠ると効果的です。体脂肪を分解するホルモンや筋肉を修復するホルモンが分泌されやすくなり、痩せ体質に近づいていくでしょう。

また睡眠時間にも注意しましょう。4時間しか睡眠をとらない人は、7時間の睡眠をとる人と比べて、およそ2倍以上も肥満になりやすいというデータがあるのだとか。ですが、長すぎるのも太る傾向にあるそうなので、6時間から8時間くらいを目安に睡眠をとると良いそうです。

睡眠の質を上げるだけで痩せ体質になるのなら、ぜひ試してみたいですよね。夜更かしが続いている人は今夜からしっかりと睡眠時間をとってみてはいかがでしょうか。

関連記事