1週間で理想の「美尻」へ!? 正しいお尻の作り方についてご紹介

1週間で理想の「美尻」へ!? 正しいお尻の作り方についてご紹介

筋力の低下や重力の影響などにより年々垂れ下がっていくお尻。エステに行けば改善されるものの「そんな余裕はないし…」と諦めてはいませんか?しかし、お尻は正しい方法を実践すれば理想とする形に作り替えることができると言われています。

正しいお尻の作り方 〜準備編〜

お尻の形が悪いからと真っ先にトレーニングすべき!と思いがちですが、筋肉だけ意識していても美しいお尻は作れないと言われています。まずは自分自身のお尻を客観的に観察し「こんなお尻になりたいんだ」というイメージングを行うことが大切なんだそう。そこでおすすめなのが、お手持ちのスマートフォンに自分の後ろ姿を自撮りし、毎日記録・観察していくという方法です。

【用意するもの】
・姿見
・スマートフォンやデジカメ
・水着やトレーニングウェア

【撮り方】
1.<正面>かかとをつけた状態でつま先を45度くらいに広げましょう。お腹〜太ももがしっかり映るよう顔の位置まで持ってきて写します。
2.<横>横向きになり、ウエスト・ヒップライン・太ももの厚みがわかるように撮影します。
3.<後ろ姿>自撮りモードにカメラの向きを変更し、鏡に向かって後ろ向きになりましょう。腰〜太ももまできちんと入るよう意識しながら撮影しましょう。

<POINT>
うまく撮れない場合は自撮り棒などのアイテムを使ってもOKです!また、着用する洋服については毎回同じものの方が体の変化がわかりやすいのでおすすめです。

正しいお尻の作り方 〜トレーニング編〜

お尻の筋肉を効率よく鍛えるトレーニング方法について2種類ご紹介します。どちらも思い立った時にすぐ実践できる方法ですのでTVを見ている時や家事の合間などに是非挑戦してみてくださいね。

【お尻歩き】
1.床に足を伸ばして座りましょう。
2.手は胸の前で交差させます。
3.2の状態のままお尻を交互に前に出すようにして前へ進んでいきます。
4.1〜3の動作を毎日前後10歩×8セットを目安に実践しましょう。

【バレリーナ】
1.壁に両手をつけ、その状態で片足を後ろにそらしながらゆっくりと上げていきます(※両腕・背筋をまっすぐ伸ばすところが大切なポイントです)。
2.1の動作を左右15秒キープし、8セットを目安に実践しましょう。

いかがでしたか?美しいヒップを維持するためには食事・マッサージ・トレーニングなど様々な美活方法がありますが、私たち女性は肌ケア〜ダイエットと何かと忙しい分、一度に全てを完璧にこなそうとするとなかなか続かないものです。まずは「ちょっとだけやってみよう」という気持ちが重要と言われています。最初は1分間でも構いませんのでお尻トレーニングの実践を1日、1日と少しずつ重ねていきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事