高いヒール靴でももう怖くない!階段を綺麗に上り下りする方法とは?

高いヒール靴でももう怖くない!階段を綺麗に上り下りする方法とは?

通勤中や彼とのデートの際、階段から落ちそうになり思わず”ヒヤッ”とした経験はありませんか?ヒールで階段を歩くときは注意が必要ですが、足の踏み方のコツ・ポイントさえ知っておけば綺麗に歩けるようになると言われています。

高いヒール靴でも階段を綺麗に上り下りする方法

どんな場所を歩く時も「背筋をまっすぐ伸ばす」というのが美しい姿勢の基本ですが、階段を歩くとついつい姿勢が崩れやすくなってしまうものですよね。ただし、足の踏み方のコツさえ把握しておけばモデルのように颯爽と歩けるようになるそう!綺麗な姿勢をキープできる階段での上り下りの方法についてご紹介します。

1.【体を曲げないよう意識する】
体を曲げながら歩いてしまうとせっかくのヒール姿も台無しです。背筋を伸ばしてから足を動かすという流れを常に意識するようにしましょう。また、足の土踏まずの部分を階段のふちにかけるとヒールでも階段を楽に上りやすくなります。
2.【階段を下りる時に要注意】
階段を下りる時は、片方の足を内向きに踏むようにすることでバランスを崩さず美しく階段を下りれるようになるそうです。

<POINT>
肩と水平になるよう両手を広げ手のひらを下に向けた状態でウォーキングの練習をしてみましょう。こうすることで階段を上り下りする際も背筋が伸び、体の重心がどこにあるのか確認できるのでより美しいフォームが維持できるようになると言われています。

疲れにくいヒール靴の選び方について

どんなに素敵なデザインのヒール靴を購入したとしても自分に合っていないものを履き続けていれば姿勢が悪くなることはもちろん、魚の目やマメなどのトラブルを引き起こす原因になると言われています。靴はメーカーやブランドによってサイズやフォルムが異なりますのできちんと試着した上で購入するようにしましょう。

<疲れにくいヒール靴の選び方>
靴の中で足指の先に1.5cmほどの余裕があり、幅がぴったりで前すべりが起きないタイプのものを選びましょう。また、足を支える役割があるヒールカウンターはある程度硬さがあるものの方がより安定すると言われています。

【POINT】ヒール靴は長時間履くと足指に負担がかかりますので休憩時間などを活用しながら靴を脱ぎ、足指を伸ばしてあげるなどのケアを実践することをおすすめします。

いかがでしたか?普段の仕事〜プライベートまでヒールを履く機会が多い女性は是非参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事